「一色義定」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''一色 義定'''(いっしき よしさだ、?<!--[[永禄]]元年([[1558年]])--> - [[天正]]10年[[9月8日 (旧暦)|9月8日]]([[1582年]][[9月24日]])?)は[[一色氏]]の当主。[[一色義道]]の子、別名'''満信'''、義俊、義有。通称五郎。妻は[[細川幽斎|細川藤孝]](幽斎)の娘の伊也(『一色軍記』では”菊の方”)。
 
==経歴==
剛勇に優れた猛将で、父の義道と共に[[織田信長]]配下の細川藤孝丹後侵攻を退けていたという。[[1579年]]、父が味方の裏切りによって殺されると、家督を継いで一色氏の残党を率い、[[弓木城]]で徹底抗戦し[[細川藤孝]]に大勝した。
 
このため山陰道進攻軍総帥の[[明智光秀]]は、[[細川幽斎|細川藤孝]]の娘を義定に娶わせることで一色家と和議を結び、以後は細川家とともに丹後を分割して統治することとなる。その後は丹後守護として信長に認められ、[[1581年]]の[[京都御馬揃え]]にも出席、[[武田氏|甲斐武田氏]]の討伐にも細川氏と共に従軍している。
 
1582年の、[[山崎の戦い]]では、[[細川藤孝]]と異なり[[明智光秀]]に味方した。戦後、藤孝の婿であったため、[[豊臣秀吉|秀吉]]に当初は黙認されていたものの、秀吉から、義定が謀反を企んでいることの報せが届くと、義定を疑った藤孝と忠興により[[宮津城]]に招かれてだまし討ちにより殺害された。
 
義定の殺害と同時に、城内に入っていた家臣も皆殺しにされ、城下に控えていた雑兵100人も、[[松井康之]]、米田求政率いる軍勢に討ち取られ、その勢いで弓木城も降伏させられた。なお、妻の伊也は降伏した際に、細川家に戻った。
==脚注==
<references/>
{{DEFAULTSORT:いつしき よしさた}}
 
{{japanese-history-stub}}
{{DEFAULTSORT:いつしき よしさた}}
[[Category:一色氏|よしさた]]
[[Category:戦国武将]]
6,464

回編集