「自我心理学」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
自我心理学ではフロイトの後期の思想「抑圧されるものに注目しすぎてきた。私たちは抑圧するものにも注目しなくてはならない」という言葉から始まった自我に注目する事を中心にしている。これは明らかにシグムント・フロイトの意思に沿うものなので、直系の精神分析学として自我心理学は展開されてきた。
 
1930年代から40年代にかけて繰り広げられた「アンナ‐クライン論争」において、父フロイトが娘アンナを支持したことから、一般に正統派精神分析と位置づけられている。ただし、この点については、フロイトの情実が絡んでいたのではないかという見方をする向き少なくないある
 
==批判・対立・衰退==
他学派からは、もっぱら表層的な解釈に終始しているという批判に長くさらされてきた。これは、本学派が主に意識をコントロールする自我の優位性を強調したためである。自我の自律性やその防衛機能。また自我の現実適応などに視点が置かれてきたのである。無意識の働きを重視するクライン学派や、その流れを汲む[[対象関係論]]学派などと激しく対立したのも、このことに起因している。
 
無意識の働きを重視するクライン学派や、その流れを汲む[[対象関係論]]学派などと激しく対立したのも、このことに起因している。特に1950年代後半になると、神経症への投薬治療のアプローチや対象関係論による境界例治療が可能になった事により、自我心理学はその地位をかなり落としたと言われている。しかし自我の研究に関してはアメリカの精神医学において学ぶのがスタンダードになるほど、精神分析学の中では科学的妥当性が比較的良い方である。
 
[[フランス]]の精神分析家[[ジャック・ラカン]]は、創始者のアンナ・フロイトに引っ掛けて、「アナ・フロイディズム」(反フロイト派)と揶揄したが、これはラカンがフロイト理論の真価を一連の無意識に関する考察に見出したことによる。このことは、ラカンが[[メラニー・クライン]]の業績を高く評価していることからもうかがえる。
 
無意識の働きを重視するクライン学派や、その流れを汲む[[対象関係論]]学派などと激しく対立したのも、このことに起因している。特に1950年代後半になると、神経症への投薬治療のアプローチや対象関係論による境界例治療が可能になった事により、自我心理学はその地位をかなり落としたと言われている。しかし自我の研究に関してはアメリカの精神医学において学ぶのがスタンダードになるほど、精神分析学の中では科学的妥当性が比較的良い方である。
しかしこれらの批判も現代はむしろ無意識を重視する学説や対象関係論の理論との統合が行われている。その代表例としては境界例治療のカーンバーグによって先駆的にそれが行われたのが有名である。
 
==他学派との統合==
しかしこれら上記の批判も現代はむしろ無意識を重視する学説や対象関係論の理論との統合が行われている。その代表例としては境界例治療のカーンバーグによって先駆的にそれが行われたのが有名である。
 
==日本における紹介==
本邦では、1960年代から70年代初頭にかけて、精神分析学者の[[小此木啓吾]]らによって、積極的に紹介がなされた。ただし対象関係論に比べると現代においては非常に訳出が少なく、自我心理学は既に日本では他の精神分析理論に統合されて、見出される機会が少なくなっている。
 
331

回編集