「カルロ・キティ」の版間の差分

m
ロボットによる 追加: id:Carlo Chiti; 細部の編集
m (→‎アウトデルタ時代: dab ATS (F1・イタリア)|)
m (ロボットによる 追加: id:Carlo Chiti; 細部の編集)
 
== 経歴 ==
=== フェラーリ時代 ===
キティは[[1953年]]にイタリアの[[ピサ大学]]で[[航空工学]]の学位を取得した。アルファ・ロメオに入社し、[[1950年代]]末にアルファロメオのレース部門が閉鎖された後は[[フェラーリ]]に移籍した。フェラーリでは[[:en:Ferrari 156 F1|156 "シャークノーズ"(en)]]の設計にかかわり、その車で[[フィル・ヒル]]が[[1961年]]のチャンピオンとなった。
 
=== アウトデルタ時代 ===
その後、フェラーリに不満を抱き離脱した人材で結成された[[ATS (F1・イタリア)|ATS]]に参加したが、プロジェクトは長くは続かなかった。キティは[[1963年]]の新しいプロジェクト、[[アウトデルタ]]でレース界に再び足を踏み入れることとなった。ここでアルファロメオとの旧交を再び深め、[[:en:Alfa Romeo Tipo 33|Tipo 33(en)]]のために[[V型8気筒|V8]]、そしてフラット12気筒エンジンを設計した。これらは成功し[[1975年]]にメイクスチャンピオンを得た。
 
=== ブラバム・アルファロメオ時代 ===
また、キティのエンジンを使用することをアルファ・ロメオと合意した[[ブラバム]]において,再び[[フォーミュラ1]]に関わることになる。[[1978年]]のシーズンではアルファ・ロメオのエンジンを積んだブラバム[[:en:Brabham BT46|BT46(en)]]が2勝を挙げている。
 
ブラバムのデザイナー、[[ゴードン・マレー|ゴードン・マーレイ]]は[[グランドエフェクト]]を引き出すために[[V型12気筒|V12]]エンジンを開発するようキティを説得した。[[1979年]]のシーズンとその後のキティの説得により、アウトデルタはアルファ・ロメオの替わりにフォーミュラ1車両を開発する許可を得た。これにより、シーズン終了前にブラバムとのパートナーシップは終わりを迎えた。アルファ・ロメオのフォーミュラ1プロジェクトは成功を見なかった。
 
=== モトーリ・モデルニ時代 ===
[[1984年]]にはキティは新たな会社[[モトーリ・モデルニ]]の設立のためにアウトデルタを去り、フォーミュラ1用のエンジンの製造に集中することとなった。
当初はV6[[ターボチャージャー|ターボ]]エンジンを製造し、イタリアのチームの[[ミナルディ]]が使用した。
[[en:Carlo Chiti]]
[[fr:Carlo Chiti]]
[[id:Carlo Chiti]]
[[it:Carlo Chiti]]
[[ro:Carlo Chiti]]
254,112

回編集