「即決裁判手続」の版間の差分

編集の要約なし
 
もっとも、被告人の[[自白]]だけで有罪とされることはないし(第319条2項)、証拠には厳格な証明が求められることも、通常の刑事裁判手続と同様であるから、いわゆる[[司法取引]]そのものには当たらない。
 
最高裁は2009年7月14日に即決裁判手続の合憲判決を出した。
 
== 判決 ==
75,131

回編集