「対角化」の版間の差分

ユニタリ行列
(ユニタリ行列)
'''対角化'''(たいかくか、'''Diagonalization''')は、実[[対称行列]]や[[エルミート行列]]のような[[正方行列]]を適当な変換操作によりもとの行列と[[相似#行列の相似|同値]]な[[対角行列]]に帰着させること。あるいは同じことだが、ある空間の行列として表される作用素にたいし、空間の基底を取り替え、その行列の作用が常にある方向([[固有空間]])へのスカラー倍([[固有値]])として現れるようにすること。
 
正方行列 ''A'' に対して、帰着されるべき対角行列を ''D''、変換のための特別な行列([[直交行列]]または[[ユニタリ作用素|ユニタリ行列]])を ''U'' として、行列 ''A'' を、
 
:<math> U^{-1} A U = D </math>