「中村せん・りつ」の版間の差分

代々、江戸町奉行所の[[同心]]を勤めてきた家柄である。現当主・中村主水は娘婿である。先代(せんの夫)の名前も中村主水であるが、当代との直接的な関係性は描写されていない。先々代当主の名も中村主水である。
 
先代・中村主水も婿養子であり、せんとの間にりつ・たえ([[妙心尼]])・あや([[糸井あや]])の娘3人と男子を1人をもうける。そして先代は失踪する(せん達の婿いびりに耐えられなくなったのが原因と思われる描写がある、『必殺仕事人』第12話)。せんはその後、女手一つで子供たちを育てたが、跡取りになる男子が早死にしたため、りつの娘婿として遠縁にあたる北大路主水(現・中村主水)が中村家当主として迎えられた。
 
特にせんが「由緒正しき中村家の・・・」と、中村家の格調の高さを強調するが、同心であることや、先祖伝来の鎧などから、将軍家直参とは言え元は[[足軽]]だったと考えられる。
 
== 中村せん ==
匿名利用者