「WCW」の版間の差分

WCWの転換期は[[エリック・ビショフ]]によって始まった。元[[アメリカン・レスリング・アソシエーション|AWA]]のリングアナウンサーでWCWに雇用されてからはTVスタッフとしても働き、低迷するWCWを救うべく、[[1993年]]フレアーらの推薦もあり副社長に抜擢された。[[1994年]][[6月11日]]エリック・ビショフは当時レスラーを引退し俳優として活動中だった[[ハルク・ホーガン]]との契約に成功、半年後にはやはりセミリタイヤしてコメンテーターに転向していた[[ランディ・サベージ]]を[[WWE|WWF]]から引き抜いた。同年のバッシュ・アット・ザ・ビーチ'94でホーガンは[[リック・フレアー]]を破る。[[ペイ・パー・ビュー|PPV]]で放送されたこの大会では高い収益をはじき出しホーガンはビショフの信頼を得た。
 
[[1995年]][[9月4日]]、WCWはWWFの看板番組だった[[WWE・ロウ|マンデーナイト・ロウ(Monday Night Raw)]]の裏番組として[[WCWマンデー・ナイトロ|マンデー・ナイトロ(Monday Nitro)]]の放送をTNT局で開始。名称からしてRAWを意識した番組であることは明白だった。ビショフは第一回放送でいきなり前日までWWFの大会に出場していたルガーを引き抜いて登場させた。WCWとWWFの対立は月曜夜の番組視聴率戦争、通称'''Monday Night War'''へと発展、[[2001年]]WWEの買収による団体消滅まで5年半に渡り続くことになる。
([[WWE#Monday Night War、アティテュード時代|WWE・歴史]]の項も参照のこと)
 
687

回編集