「ペドロ1世 (ブラジル皇帝)」の版間の差分

m
編集の要約なし
(修正)
m
'''ペドロ1世'''('''Pedro I of Brazil''', [[1798年]][[10月12日]] - [[1834年]][[9月24日]])は[[ブラジル帝国]]初代[[皇帝]](在位:[[1822年]] - [[1831年]])であり、[[ポルトガル]]国王としてはペドロ4世(在位:[[1826年]])と呼ばれる。
 
----
[[1798年]][[10月12日]]ポルトガル摂政王ジョアンの第2子として[[リスボン]]に生まれ、長子が早く亡くなったので実質的な王位継承者であった。1808年[[ナポレオン・ボナパルト|ナポレオン]]軍の[[リスボン]]侵攻を前に、祖母であるポルトガル女王[[マリア1世]](在位1777年 - 1816年)や両親とともに[[ブラジル]]の[[リオ・デ・ジャネイロ]]に逃れた。ポルトガル宮廷のリオ滞在中、マリア1世が没して父[[ジョアン6世]](在位:1816年 - 1826年)が即位し、ペドロは皇太子として1817年に、[[神聖ローマ皇帝]][[フランツ2世]]の次女の[[オーストリア]]皇女[[マリア・レオポルディーネ・フォン・エスターライヒ]]と結婚、長女マリアと長男ペドロを儲けた。彼は、粗野で横暴な人物で、ふだんは陽気だが、突然鞭を振り上げて暴れるような所もあったという。
 
1821年ポルトガル宮廷がリスボンに帰還すると、ペドロはブラジル摂政王として残留し、独立を望むブラジル生まれの人々に擁立されて翌年独立を宣言、皇帝ペドロ1世となった。ペドロ1世はリベラルな傾向が強く、1824年には[[立憲君主制]]の憲法を制定したが、アルゼンチンとの戦争に敗北を喫した後、インフレの昂進、ドミティラという愛人の専横を許し、ブラジル国民に絶大な人気のあった皇后のレオポルディーネに辛く当たった事などが原因で、人気は落ち目となった。実際にブラジルを独立に導いたのは、レオポルディーネである。ペドロはただ議会の決議を承認しただけだった。
[[1798年]][[10月12日]]ポルトガル摂政王ジョアンの第2子として[[リスボン]]に生まれる。長子が早く亡くなったので実質的な王位継承者であった。1808年[[ナポレオン・ボナパルト|ナポレオン]]軍の[[リスボン]]侵攻を前に、祖母であるポルトガル女王[[マリア1世]](在位1777年 - 1816年)や両親とともに[[ブラジル]]の[[リオ・デ・ジャネイロ]]に逃れた。
また、彼はレオポルディーネに暴力を振るう事もあり、彼女が29歳で亡くなったのは、彼の暴力が原因とも言われている。
 
一方、ポルトガル王ジョアン6世が没した後、ペドロ1世は自身の王位継承権を辞退し、その娘[[マリア2世]](在位1826年 - 1853年)が正統なポルトガル王位継承者とされた。しかしマリア2世は幼少のため在ブラジルのままであり、ポルトガル本国ではペドロの弟ミゲルが王位を僭称(1828年-34年)し、極めて保守反動的な政治を行っていた。このため、ペドロ1世は1831年ブラジル皇帝位を退き、娘マリア2世の王位を主張してポルトガル本国に帰国、弟のミゲルとポルトガル内戦(1832年 - 1834年)を展開した。内戦の結果はリベラル派の勝利に終わり、ミゲルは亡命に追い込まれたが、間もなくペドロも[[1834年]][[9月24日]]リスボンの宮殿で病死し、マリア2世が名実共にポルトガル女王となった。
[[1798年]][[10月12日]]ポルトガル摂政王ジョアンの第2子として[[リスボン]]に生まれ、長子が早く亡くなったので実質的な王位継承者であった。1808年[[ナポレオン・ボナパルト|ナポレオン]]軍の[[リスボン]]侵攻を前に、祖母であるポルトガル女王[[マリア1世]](在位1777年 - 1816年)や両親とともに[[ブラジル]]の[[リオ・デ・ジャネイロ]]に逃れた。ポルトガル宮廷のリオ滞在中、マリア1世が没して父[[ジョアン6世]](在位:1816年 - 1826年)が即位し、ペドロは皇太子として[[1817年]]に、[[神聖ローマ皇帝]][[フランツ2世]]の次女の[[オーストリア]]皇女[[マリア・レオポルディーネ・フォン・エスターライヒ]]と結婚、長女マリアと長男ペドロを儲けた。彼は、粗野で横暴な人物で、ふだんは陽気だが、突然鞭を振り上げて暴れるような所もあったという。
 
[[1821年]]ポルトガル宮廷がリスボンに帰還すると、ペドロはブラジル摂政王として残留し、独立を望むブラジル生まれの人々に擁立されて翌年独立を宣言、皇帝ペドロ1世となった。ペドロ1世はリベラルな傾向が強く、[[1824年]]には[[立憲君主制]]の憲法を制定したが、アルゼンチンとの戦争に敗北を喫した後、インフレの昂進、ドミティラという愛人の専横を許し、ブラジル国民に絶大な人気のあった皇后のレオポルディーネに辛く当たった事などが原因で、人気は落ち目となった。実際にブラジルを独立に導いたのは、レオポルディーネである。ペドロはただ議会の決議を承認しただけだった。また、彼はレオポルディーネに暴力を振るう事もあり、彼女が29歳で亡くなったのは、彼の暴力が原因とも言われている。
 
一方、ポルトガル王ジョアン6世が没した後、ペドロ1世は自身の王位継承権を辞退し、その娘[[マリア2世]](在位1826年 - 1853年)が正統なポルトガル王位継承者とされた。しかしマリア2世は幼少のため在ブラジルのままであり、ポルトガル本国ではペドロの弟ミゲルが王位を僭称(1828年-34年)し、極めて保守反動的な政治を行っていた。このため、ペドロ1世は[[1831年]]にブラジル皇帝位を退き、娘マリア2世の王位を主張してポルトガル本国に帰国、弟のミゲルとポルトガル内戦(1832年 - 1834年)を展開した。内戦の結果はリベラル派の勝利に終わり、ミゲルは亡命に追い込まれたが、間もなくペドロも[[1834年]][[9月24日]]リスボンの宮殿で病死し、マリア2世が名実共にポルトガル女王となった。
 
[[category:ブラジルの歴史|へとろ1]]
680

回編集