「ハドスン夫人」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: ru:Миссис Хадсон)
 
== パスティーシュ作品におけるハドスン夫人 ==
ホームズに関わった女性登場人物としては、[[アイリーン・アドラー]]と並んで、シャーロキアンに重要視されるハドスン夫人だが、ホームズとの関わり以外では、その来歴や私生活は、原作では多くを語られていない。その点がまた、シャーロキアンの想像をたくましくさせても来た。
 
最も大胆な推理は、ハドスン夫人は実はホームズの恋人であって、その本名はアイリーン・アドラーだった、とするものである。これは『ボヘミアの醜聞』で下宿の女主人がハドスン夫人ではなくターナー夫人であるという謎を合理的に解決する仮説である。ただし、ワトスンの手記には『ボヘミアの醜聞』の事件がホームズとアドラーのただ一度きりの出会いだったと書かれている。
匿名利用者