「キング・ハク」の版間の差分

[[1990年]]4月には[[日米レスリングサミット]]への参戦で久々に日本に登場。[[ジャンボ鶴田]]と組んで[[カート・ヘニング]]&[[リック・マーテル]]を撃破した。同年下期にアンドレが戦列を離れると、大相撲時代の盟友[[シオネ・ヴァイラヒ|ザ・バーバリアン]]を新パートナーにミッドカード戦線で活動。[[1992年]]は当時WWFと提携していた日本の[[SWS]]を主戦場に、[[谷津嘉章]]とナチュラル・パワーズなるチームを結成、[[天龍源一郎]]&[[阿修羅・原]]の[[龍原砲]]とタッグ王座を争う。同年秋にWWFを退団し、[[1993年]]6月には[[WAR (プロレス)|WAR]]経由で[[新日本プロレス]]のリングに初登場。8月の[[G1 CLIMAX|G1クライマックス]]にも来日した。
 
[[1994年]]11月、'''ミング'''('''Meng''')の名前で[[WCW]]に登場。サングラスに黒スーツ姿で悪徳[[マネージャー (プロレス)|マネージャー]]の[[ロバート・フラー|カーネル・ロバート・パーカー]]の[[ボディーガード]]役を務める。翌[[1995年]]には、日本育ちという出自から武道家スタイルのヒールに変身。同年7月の[[ペイ・パー・ビュー|PPV]] "Bash at the Beach" では、[[スティング (プロレスラー)|スティング]]の[[WCW・ユナイテッドステイツ王座|USヘビー級王座]]に挑戦した。以降もWCWに定着し、[[ケビン・サリバン]]のダンジョン・オブ・ドゥームへの加入や、旧友バーバリアンとの'''フェイシズ・オブ・フィアー'''('''Faces of Fear''')などで活動。フェイシズ・オブ・フィアーでは[[1996年]]12月の[[スターケード (プロレス)|スターケード]]でジ・アウトサイダーズ([[ケビン・ナッシュ]]&[[スコット・ホール]])のWCW世界タッグ王座にも挑戦している。その後はセミレギュラーの立場で単発的な出場を続け、[[1998年]]8月には当時連勝記録を更新中だったWCW世界ヘビー級王者[[ビル・ゴールドバーグ|ゴールドバーグ]]のチャレンジャー兼[[ジョブ (プロレス)#ジョバー|ジョバー]]として[[WCWマンデー・ナイトロ||マンデー・ナイトロ]]に登場。WCW末期は[[ハードコアマッチ|ハードコア]]戦線に進出し、[[2001年]][[1月14日]]には師匠の[[テリー・ファンク]]からWCWハードコア王座を奪取した。
 
その1週間後の[[1月21日]]、WWFの[[ロイヤルランブル]]に出場してファンを驚かせる。以降はWWFに復帰し、ヒールターンした[[ソロファ・ファトゥ|リキシ]]のタッグパートナーを務めた。翌[[2002年]][[3月1日]]には、WWF初の単独日本公演である[[スマックダウン・ツアー・ジャパン]]に参加、[[横浜アリーナ]]で[[ダイヤモンド・ダラス・ペイジ]]との試合が組まれた。
匿名利用者