「馮習」の版間の差分

推測を除去
(推測を除去)
'''馮 習'''(ふう しゅう、? - [[222年]])は、[[中国]]の[[後漢]]末期から[[三国時代 (中国)|三国時代]]の人で、[[蜀]]の[[武将]]。[[字]]は'''休元'''。
 
[[荊州]]南郡の人。[[劉備]]とともに[[益州]]へ侵攻した。[[221年]]の[[呉 (三国)|呉]]討伐([[夷陵の戦い]]では劉備から領軍将軍に任命され諸軍を指揮した。馮習は[[呉班]]とともに呉将の[[李異]]・[[劉阿]]らを打ち破った。222年、[[陸遜]]の反撃を受けて軍は大敗し、自身も乱戦の中で[[潘璋]]の部下に斬られた。
 
[[夷陵の戦い]]以前の特筆が少なく、蜀の古参に比べてそこまで武勲が大きいとも思えない馮習がこの戦いで一軍を任された理由は、荊州南郡の人ということ不明戦場の地理に特段強かったからだろうある
 
[[三国志 (歴史書)|三国志]]蜀書[[楊戯]]伝』や『[[季漢輔臣賛]]では、蜀軍があのような惨めな大敗を喫したのは、呉軍を侮っていたためであると厳しく非難している。
 
{{DEFAULTSORT:ふう しゆう}}
匿名利用者