「ペドロ1世 (ブラジル皇帝)」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: tr:I. Pedro (Brezilya İmparatoru))
編集の要約なし
| 画像サイズ = 198px
| 画像説明 = ペドロ1世([[w:pt:Simplício Rodrigues de Sá|シンプリーシオ・デ・サ]]画、[[w:pt:Museu Imperial|帝国博物館]]蔵)
| 在位 = [[1822年]][[10月12日]] - [[1831年]][[4月7日]]<br/><span style="font-size:75%;">ポルトガル王:[[1826年]][[3月10日]] - [[1826年]][[5月28日]]</span>
| 戴冠日 = [[1822年]][[12月1日]]
| 別号 = [[ポルトガル王国|ポルトガル王]]ペドロ4世]]
| 全名 =
| 出生日 = [[1798年]][[10月12日]]
[[1821年]]、ポルトガル宮廷がリスボンに帰還すると、ペドロはブラジル摂政として残留し、独立を望むブラジルの人々に擁立されて翌1822年に独立を宣言、皇帝ペドロ1世となった。ペドロ1世はリベラルな傾向が強く、[[1824年]]には[[立憲君主制]]の憲法を制定したが、アルゼンチンとの[[500日戦争]]に敗北すると事情が変わってきた。かつて併合した[[シスプラチナ州]]を失ったことは国民から大きな批判にさらされた。一説にはこの敗戦が退位の最大の原因だとする説もあるほどである。さらにインフレの昂進、各地での反乱、愛人[[ドミティリア・デ・カストロ・エ・カント・メロ|ドミティラ]]の専横を許し、ブラジル国民に絶大な人気のあった皇后レオポルディナに辛く当たった事などが原因で、人気は落ち目となった。実際にブラジルを独立に導いたのはレオポルディナの功績だったからである。ペドロはただ議会の決議を承認しただけだった。
 
ポルトガル王ジョアン6世が没した後、ペドロ1世は自身の王位継承を辞退し、娘[[マリア2世 (ポルトガル女王)|マリア2世]]が正統なポルトガル王位継承者とされた。しかしマリア2世は幼少のため在ブラジルのままであり、ポルトガル本国ではペドロの弟[[ミゲル1世 (ポルトガル王)|ミゲル1世]]が王位を僭称し(1828年 - 1834年)、極めて保守反動的な政治を行っていた。[[七月革命]]の余波がブラジルにも波及し、近衛兵までが暴動に加わるのを見て衝撃を受けたペドロ1世は[[1831年]]にブラジル皇帝位を退き、長男[[ペドロ2世 (ブラジル皇帝)|ペドロ・ダ・アルカンタラ]]に譲位した。彼はイギリス軍艦に便乗して出国し、娘マリア2世の王位を主張してポルトガル本国に帰国、弟のミゲルと[[ポルトガル内戦]](1828年 - 1834年)を戦った。内戦はリベラル派の勝利に終わり、ミゲルは亡命に追い込まれたが、間もなくペドロも[[1834年]][[9月24日]]リスボンの宮殿で病死し、マリア2世が名実共にポルトガル女王となった。
 
== 家族 ==
匿名利用者