「ポルトガル内戦」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: ru:Мигелистские войны)
編集の要約なし
[[Imageファイル:Liberal Wars.jpg|thumb|300px|ポルトガル内戦の風刺画 [[オノレ・ドーミエ]][[1833年]])]]
'''ポルトガル内戦'''(''Guerra[[ポルトガル語|葡]]:Guerra Civil Portuguesa'')Portuguesa)は、[[1828年]]から[[1834年]]にかけて[[ポルトガル王国]]において王位継承をめぐる争いから起きた内戦。[[ウィーン体制]]下における[[立憲君主制|立憲君主主義]]と[[絶対君主制|絶対君主主義]]の対立が主な原因。[[スペイン]]をはじめ[[イギリス]]、[[フランス]]、[[カトリック教会]]などの介入を招いた。別称「'''自由戦争」「'''(Guerras Liberais)、'''兄弟戦争」「'''、'''ミゲリスタ戦争'''の別名がある
 
== 原因 ==
発端は[[1826年]]の国王[[ジョアン6世 (ポルトガル王)|ジョアン6世]]の死であった。正当な継承権を持つのはジョアン6世の最年長の王子で、[[ナポレオ戦争]]後の混乱に乗じて本国に反逆し、植民地・ペドロであったが、1822年に[[ブラジル帝国|ブラジル]]の皇帝としてがポルトガルから独立した際、ブラジル摂政であったペドロは皇帝[[ペドロ1世 (ブラジル皇帝)|ペドロ1世]]であっとして擁立されていた。
 
ペドロポルトガル王位継承はポルトガル、ブラジル両国の国民からの大きな反対と議論を招き、いた。ペドロ1世一旦王を継承したが(ポルトガル王としてはペドロ4世)、間もなく7歳の娘[[マリア2世 (ポルトガル女王)|マリア・ダ・グロリア]]へ譲位し、自分の弟である[[ミゲル1世 (ポルトガル王)|ミゲル]]と婚約させて彼をた上でマリアが未成年の間の[[摂政]]とすることにした。
 
またペドロ1世(ポルトガル王としてはペドロ4世)は、[[1822年]]にジョアン6世が定めたポルトガル最初の[[憲法]]を、[[1826年]]4月に改正した。
 
== 新憲法 ==
新しい立憲議会において、ペドロ4世は自由主義的な立場にあ考えを持ていたがペドロ4世自身は絶対王政派と立憲王政派([[自由主義|自由主義者]])との仲裁に努め、双方に政治上の役目を与えた。
 
1822年憲法と異なるのは、新たに政府の権限を4つに分立させたところである。[[立法府]]は2つに分けられ[[上院]]は貴族院として、国王に選ばれる[[貴族]]または[[聖職者]]が議席を持ち、任期は終身かつ世襲であった。[[下院]]は衆議院として、[[地方議会]]による間接選挙で選ばれる111人の議員が議席を持ち任期は4年間である。
 
また地方議会への選挙権は国税を納めた富裕な男子のみに制限された。[[司法権]]は[[裁判所]]が司り、[[行政権]]は[[内閣]]が司る。国王の政治上の権限は縮小されるものの、立法に対する絶対的[[拒否権]]を保持した。
 
== 不満 ==
[[地主]]層や教会を中心とした絶対王政派の多くはこの新憲法に不満であった。ペドロ4世はブラジルの君主であって、ポルトガル内の政治には口出しすべきでない彼らは考えた。そして絶対主義の信奉者であったミゲルの方王子正当な国に即けようと企んだ。[[ナポレオン・ボナパルト|ナポレオン]]によってもたらされた諸改革を根絶しようとするスペインの[[フェルナンド7世 (スペイン王)|フェルナンド7世]]の支持を得て、絶対王政派は国内の自由主義者を攻撃した。
 
[[1828年]]2月、外遊中だったミゲルが帰国した。[[マリア2世 (ポルトガル女王)|マリア2世]]への忠誠を誓い、摂政職を拝命するためとされたが、それは見せかけであった。ミゲルはすぐに自身の支持者らによって国王に推され、絶対王政への回帰を宣言する。上下両院は解散させられ、5月には伝統的身分制議会[[コルテス (身分制議会)|コルテス]]が招集された。コルテスにおける議決によって、ミゲルは目論見どおり国王ミゲル1世となり、立憲政府を無効化させた。
 
かくしてこの1828年のコルテスにおける議決によって、ミゲルは目論見どおり国王ミゲル1世となり、立憲政府を無効化させたのである。
 
== 反乱 ==
このような王位の僭称に自由主義者らは黙っておらず、5月18日に自由主義勢力の砦[[ポルト]]においてペドロ4世とマリア・ダ・グロリア、さらに立憲政府への忠誠を宣言する。絶対王政への反乱は他都市へも波及し、ミゲルはこれらの反乱を弾圧した。数千人の自由主義者らが逮捕され、またスペインやイギリスへと亡命した。弾圧は5年間続いた。
 
その頃ブラジルでは皇帝ペドロ1世と大農園主との関係が悪化し、1831年4月ペドロ1世は息子[[ペドロ2世 (ブラジル皇帝)|ペドロ]]に譲位した。そしてポルトガルでの内乱を決着させるべく、イギリスへ渡って遠征軍を組織した。その後すぐに自由主義者の亡命政権のある[[アゾレス諸島]]で友軍と合流する。1832年7月、イギリスとスペインの支援を受け、ペドロの軍はポルト近郊へと上陸した。ミゲル派(ミゲリスタ)は一度は街を放棄したが、[[ポンテ・フェレイラの戦い]]を含む幾度かの衝突の後に、ペドロ軍を包囲する。包囲は約1年に及んだが、[[ウィリアム・グラスコック]]率いる[[イギリス海軍]]の援軍が[[ドウロ川]]に入り、ミゲル派は二方面からの攻撃に晒されることとなる。
 
[[1833年]]6月、未だポルトで包囲されている自由主義派軍は[[テルセイラ公]]の率いる部隊とその援護に当たる[[チャールズ・ネイピア]]提督の艦隊を南部の[[アルガルヴェ地方]]へ派遣する。
 
[[ファロ]]上陸に成功したテルセイラ公は[[アレンテージョ地方]]を北上して、7月24日に[[リスボン]]を奪取する。また、ネイピアの艦隊も[[サン・ヴィセンテ岬の海戦 (1833年)|サン・ヴィセンテ岬の海戦]]で絶対王政派の艦隊を完膚なきまでに打ち破った。リスボンを手に入れたことでポルトでの9ヶ月に及ぶ攻防戦も勝利に終わった。
 
1833年末、[[マリア2世 (ポルトガル女王)|マリア・ダ・グロリア]]は女王として戴冠されペドロが摂政となった。ミゲル派や教会の財産は没収され、これによって[[教皇庁|ローマ教皇庁]]との関係は冷え込んだ。友好関係の修復は約8年後の[[1841年]]まで為されなかった。自由主義派はリスボン、ポルトなどの都市部を押さえることに成功したが、絶対王政派の多くは地方に逃れ、残党狩りは[[1834年]]から再開された。
 
== 平和 ==
ポルトガル内戦は最終的に1834年5月14日の[[アセイセイラの戦い]]で決着した。ミゲル派の軍は1万8000と大きな脅威であったが、5月24日に和平が結ばれた。ミゲルはポルトガル王位に関する権利を全て放棄し、ポルトガルから永久追放されるが、代わりに年金の受給を認められた。
 
ペドロは立憲政府を復活させたが、その年の9月24日に亡くなっ没した。以降は女王マリア2世の治世である。
 
{{DEFAULTSORT:ほるとかるないせん}}
匿名利用者