「フレッド・オットマン」の版間の差分

編集の要約なし
(新しいページ: '{{Infobox プロレスラー | 名前 = フレッド・オットマン | 画像 = | リングネーム = ビッグ・ブバ<br />ブバ・ザ・ターミネー...')
 
}}
 
'''フレッド・オットマン'''('''Fred Ottman '''、[[1956年]][[8月10日]] - )は、[[アメリカ合衆国]]の元[[プロレスラー]]。 [[バージニア州]][[ノーフォーク (バージニア州)|ノーフォーク]]出身。
 
[[WWE|WWF]]での'''タイフーン'''('''Typhoon''')や'''タグボート'''('''Tugboat''')、[[WCW]]での'''ザ・ショックマスター'''('''The Shockmaster''')など、様々な[[リングネーム]]で活動した巨漢ファイターである。
[[1991年]]5月に[[ヒール (プロレス)|ヒール]]に転向し、'''タイフーン'''(''Typhoon'')と改名。[[ジミー・ハート]]をマネージャーに、ライバルだったアースクエイクと'''ナチュラル・ディザスターズ'''('''The Natural Disasters''')なる超巨漢[[タッグチーム]]を結成、[[ロード・ウォリアーズ|リージョン・オブ・ドゥーム]]の[[WWE・世界タッグチーム王座|WWF世界タッグ王座]]に再三挑戦した。[[1992年]]には揃って[[ベビーフェイス (プロレス)#ベビーターン|フェイスターン]]を行い、[[7月20日]]に[[テッド・デビアス]]と[[マイク・ロトンド|IRS]]のマネー・インコーポレーテッドからWWF世界タッグ王座を奪取。また、同年4月には[[SWS]]にナチュラル・ディザスターズとして来日し、[[高野攘治|ジョージ高野]]と[[高野拳磁|高野俊二]]の兄弟チームを破りSWSタッグ王座も獲得している。
 
[[1993年]]、[[WCW]]に移籍。'''ザ・ショックマスター'''(''The Shockmaster'')を新リングネームに、[[スティング (プロレスラー)|スティング]]や[[デイビーボーイ・スミス]]の助っ人[[覆面レスラー|マスクマン]]としての参戦だった。しかし、初登場時の[[生放送]]の公開テレビ番組において、セットの壁を突き破る際につまづいて被り物が脱げ、正体を曝してしまう態を演じた。このシーンは後々まで語り草となり、現在でも[[WWE]]や[[TNA]]でネタにされている。その後、軌道修正を図るべく'''アンクル・フレッド'''(''Uncle Fred'')などのコミカルなキャラクターに変身するも、すぐにフェードアウト。以降は[[1994年]]の短期間のWWF復帰を経てインディー団体を転戦し、[[1995年]]12月からはタイフーン名義で[[WAR (プロレス)|WAR]]にも参戦した。
 
[[2001年]][[4月1日]]、[[レッスルマニア#第17回大会(2001年)WrestleMania X-seven|レッスルマニアX-seven]]におけるギミック・バトルロイヤルでは、タグボートとして久々にWWFに登場。同年に引退し、現在はフロリダ州レイクランドにて建物清掃サービス会社の安全管理者として働く一方、[[リトルリーグ]]のコーチも務めている。
[[Category:WWE]]
[[Category:WCW]]
[[Category:覆面レスラーとして活動していたプロレスラー]]
[[Category:バージニア州の人物]]
[[Category:1956年生]]
匿名利用者