「ジロ・ディ・ロンバルディア2009」の版間の差分

編集の要約なし
'''ジロ・ディ・ロンバルディア2009'''(Giro di Lombardia 2009、HIS)は、[[ジロ・ディ・ロンバルディア]]の103回目のレース。[[2009年]][[10月17日]]に行われ、最後の上りとなるサンフェルモ・デッラ・バッターリアで[[フィリップ・ジルベール]]がアタック、反応出来たのは[[サムエル・サンチェス]]のみで、そのまま2人で頂上を通過。後続も追いかけるも勝負は2人のスプリント争いとなり、これを制したジルベールが初優勝。9年ぶりにイタリア人以外のウィナーが誕生した。
 
日本人では[[新城幸也]]が出場、完走120人中119位と成績はふるわなかったが、完走は果たした。
 
== 結果 ==
| [[サイレンス・ロット]]
| align="right"|同
|-
|align="center"|119
| [[新城幸也]]
| {{JPN}}
| [[Bbox ブイグテレコム]]
| align="right"|+17分10秒
|}
 
2,534

回編集