「日本陸上競技選手権大会50キロ競歩」の版間の差分

輪島市消防署前を発着点とするとする[[日本陸連]]公認の1周10kmの周回コースで行なわれていたが、[[1992年]]より鳳至小学校前を発着点とする1周2kmの周回コースとなり、[[2009年]]からは輪島市文化会館周辺周回コース(1周2km)で行なわれている。海に近く時折10m以上の[[浜風]]が吹き荒れることが特徴。
 
男子50km競歩にとっては[[世界陸上選手権|世界選手権大会]]や[[近代オリンピック|オリンピック]]の最終代表選考を兼ねる大会として重要な意味を持っている。また、日本陸上競技選手権実施種目では唯一、参加標準記録が設けられていなかった種目であったが、[[2003年]]大会より参加標準記録が設定された
 
現在は、本大会男子50km競歩の優勝者(参加標準記録Aを突破していれば)は自動的に[[近代オリンピック|オリンピック]]、[[世界陸上選手権]]の内定を得る。