「ツール・ド・フランス1963」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 変更: ca:Tour de França de 1963)
編集の要約なし
中央高地とアルプスを結ぶ区間となる第15ステージ。ここはバーモンテスが中盤で抜け出し快勝。2分2秒差でデメ、プリドール、アンクティルら20数選手が集団ゴール。そしてマイヨはデメで変わらないものの、2分30秒差の総合2位にバーモンテスが浮上。アンクティルは3位に落ちたが2分33秒差で続き、プリドールは5分22秒差が縮まらないまま6位に後退。
 
アルプスに本格的に突入した第16ステージ。標高2770m地点にあたる[[ラン峠]]をトップで通過した[[フェルナンド・マンザネック]]が快勝。対する上記に挙げた三強はマンザネックに遅れること7分40秒差で同タイムゴールとなるが、デメはこの区間だけで16分40秒差もつけられる大敗を喫し、ついにマイヨを明け渡すことになった。ここでマイヨはバーモンテスとなり、わずか3秒差でアンクティル。そして山岳区間では上位陣に終始食らいついて来ている[[アンリ・アングラード]]が2分43秒差の3位、プリドールが2分52秒差の4位で続く展開となった。
 
続く第17ステージ。今大会最大のヤマ場ともいうべき、カテゴリー1級が2つもある難関区間であったが、アンクティルがバーモンテスをペースメーカーに使いながら最後はバーモンテスを交わして区間制覇。そしてここでマイヨを奪取した。28秒差にバーモンテスが続いて2位。対してプリドール、アングラードはここで大きく後退。2人ともアンクティルとの差は12分以上開き、総合優勝を狙うには非常に厳しいタイム差となった。
匿名利用者