「ブラッディ・マリー」の版間の差分

編集の要約なし
{{カクテル概要
| 名前=ブラッディ・マリー
| 画像=[[Imageファイル:BloodyMary.jpg|250px]]
| 種別=[[ロングカクテル]]
| TPO=オール・デイ
| 備考=
}}
[[Imageファイル:Bloody Mary.jpg|thumb|160px|野菜スティックなどを添えたブラッディ・マリー]]
 
'''ブラッディ・マリー''' (Bloody Mary) とは、[[ウォッカ]]ベースの[[カクテル]]で、[[トマトジュース|トマト・ジュース]]を用いる少し変わったカクテル。ウォッカベースのためアルコール度数は高めだが、さっぱりとした口当たりと様々なバリエーションが可能のため男女問わず人気。「'''ブラッディ・メアリー'''」と呼ばれる場合もある。
 
[[16世紀]]の[[イングランド]][[女王]]、メアリー・チューダー([[メアリー1世 (イングランド女王)|メアリー1世]])が名前のモデルとされている。メアリーが300人にも及ぶ[[プロテスタント]]を処刑した血に由来する。
他に、禁酒時代にのまれていたとされるブラッディサム(こちらはジンベース。他は同じ)に対して名付けられたともいわれている。
また、たちの悪いジョークで女性にたいして、Are you marry?(marry?」(隠語で、おまえは生理か?)?」)ということからの連想という説もある。
一番有名なのは、血まみれメアリーであるが、これはスコットランド人にとっては屈辱的だということで、あまり彼らの前ではいわないほうがいいようだ。
 
 
== 備考 ==
* ベースを[[ジン_ (蒸留酒)|ジン]]に変えると「ブラッディ・サム」、[[テキーラ]]に変えると「[[ストロー・ハット (カクテル)|ストロー・ハット]]」、[[ビール]]に変えると「[[レッド・アイ]]」、[[アクアヴィット]]に変えると「デニッシュ・マリー」、ウォッカを抜くと「バージン・マリー」というカクテルになる。
* また、トマト・ジュースをハマグリやアサリの[[エキス]]が入ったクラマトにすると、ブラッディ・シーザーというカクテルになる。
* 「マリー」か「メアリー」かは文献、バーテンダーによって表記や呼び方が違う場合が多い。また、「ブラッディ」の部分は「血まみれ」や「血みどろ」と訳されることがある
* 英国では[[二日酔い]]時の迎え酒としても知られている。
 
 
== 脚注 ==
{{reflist脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
{{DEFAULTSORT:ふらつていまり}}
 
[[Category:ウォッカベースのカクテル]]
 
匿名利用者