「新井周」の版間の差分

現時点でサッカーリーグへのリダイレクトとなっているリンクを切ります。
m
(現時点でサッカーリーグへのリダイレクトとなっているリンクを切ります。)
|バック面ラバー = 表ソフト
}}
'''新井 周'''('''あらい しゅう'''、[[1975年]][[1月9日]] - )は、[[中華人民共和国|中国]]・[[北京市|北京]]出身の日本の[[卓球]]選手である。グランプリ所属。168cm、65kg。中国名は'''周{{lang|zh|晅}}'''(シュウケン)。現在、グランプリの監督兼選手。
 
16歳で愛知県[[桜丘高等学校 (愛知県)|桜丘高校]]に留学。1993年[[全国高等学校総合体育大会卓球競技大会
|インターハイ]]で男子シングルス初の留学生王者になった。[[埼玉工業大学]]に進み4年時に全日本学生2位となる。
 
卒業後の1998年に大阪の[[グランプリ (教育関連)|グランプリ]]に入社。翌1999年、卓球メーカーに勤務の日本人女性との結婚を機に日本[[国籍]]となった([[帰化]]した理由は子供が中国籍でいじめに遭わないためと[[卓球王国]]で語っている)。グランプリは女子卓球部に[[福原愛]]選手が所属していた事でも有名。2006年より、グランプリの監督兼任選手。2006年の日本卓球リーグ(後期)で優勝。全日本社会人でシングルス、ダブルス共に優勝経験有り。2004年の全日本卓球選手権では、3種目でファイナリストとなり[[小西杏]]との混合ダブルスに優勝、シングルス準優勝、ダブルス準優勝。
[[宮崎義仁]]が日本代表の監督になってから代表メンバーに選ばれ2003年、2004年の[[世界卓球選手権]]、[[アテネオリンピック (2004年)|アテネオリンピック]]に出場。[[ITTFプロツアー]]にも参戦している。
 
父は中国国家級監督で、元中国代表の[[周樹森]]。世界チャンピオンで[[アテネオリンピック (2004年)|アテネオリンピック]]金メダリストの[[張怡寧]]や世界大会2位の[[郭炎]]を擁する[[中国超級リーグ]]「[[北京チーム]]」の監督。母は元中国代表で中国チャンピオンの[[劉雅琴]]。世界卓球の優勝候補ではあったが、[[文化大革命]]の最中で、当時の中国代表は政治問題で世界選手権へは出場できなかった。当時の夢を、息子である周が引き継いだ形となる。叔父は元中国代表で、台湾ナショナルチーム監督、[[オーストラリア]]ナショナルチーム監督を経験した世界チャンピオンの[[周蘭孫]]。その他の親族にも五輪代表選手がいるなど、中国屈指の卓球界有名一族。
 
息子の新井宇輝も卓球をしている<ref>卓球王国08年10月号</ref>。
11,895

回編集