メインメニューを開く

差分

ローバー・800

1,010 バイト追加, 9 年前
情報を追加
[[Image:1997.rover.800.arp.jpg|thumb|250px|right|ローバー・800 後期型]]
[[Image:Rover_800_02.jpg|thumb|250px|right|ローバー・800クーペ]]
'''ローバー800'''(Rover 800)[[イギリス]]の[[オースチン・ローバー・グループ]] (ARG自動車)(現 [[MG|ローバー]]、1986年から1998年まで販売していた[[高級車|高級乗用車]]である。日本では当時ローバーグループの日本法人だった、[[ローバージャパン|オースチン・ローバー・ジャパン(ARJ)]]が輸入元だった(後にローバー・ジャパンへ移行)
 
当時提携関係にあった日本の[[本田技研工業]]との共同開発車であり、[[シャシ (自動車)|シャシ]]などの多くを[[ホンダ・レジェンド]]/[[アキュラ]]・レジェンドと共有していた。
 
== 歴史 ==
1980年代初頭、経営難に陥っていたARG[[ブリティシュ・レイランド]]社陳腐化し、信頼性にも問題を抱えた同社の高級車[[ローバー・SD1|SD1]]を刷新できない状態でいた。その一方、ラインナップ1979年から提携関係にあった日本拡充を目指していた[[本田技研工業|本田技研工業(ホンダ]]、乗用車・[[ホンダ・アコード|アコード]]の上級車種の販売を計画していた。しかしそこで後発メーカーであるため従来の日本製高級([[トヨタの技術クラウン|クラウン]]や[[日産・セド品質と、イギック|セドリック]]など)とは違ス車の内装の雰囲気を併せ持ったアプローチで設上級車の共同開発がする必要があった。ARGの作りの良、ホンダの効率性、そこで両社の技術提携が実現しれは新大型車プロジェクト'''XXプロジェクト'''」と名付けられ{{要出典}}<ref>後に開発される[[ホンダ・コンチェルト|コンチェルト]]/[[ローバー・400]]では「'''YYプロジェクト'''」と命名されている{{要出典}}。</ref>。開発中はARGのエンジニアがホンダの施設へ常駐し、また、ホンダの技術者が英国まで出向いていたりした
 
[[1985年]]、ホンダ版XXの[[ホンダ・レジェンド|レジェンド]]が先に発売され、ローバー・800は翌[[1986年]]に発売され。2.5L [[V型6気筒|V6]] [[SOHC]]はホンダ製であったが、2L [[直列4気筒|直4]] [[DOHC]]は自社製であるのエンジンが搭載されていた。プラットフォームはレジェンドと同一としながらエクステリアやインテリアは英国らしくよりエレガントな躾けがない雰囲気のものとされていた。英国王室御用達のコノリー社製レザーシートや熟練工がハンドメイドで製作するウォールナットパネル然りであが装備されものもあった
 
また、英国車らしくモデルライフが長く、レジェンド[[1990年]]に[[モデルチェンジ (自動車)|モデルチェンジ]]されて2世代目に移一方、ローバー・800は細かな変更を行い受けながら[[1999年]]まで継続して販売されていた。でも[[1992年]]のマイナーチェンジ(R17系)フルスキンチェンジとも言うべき外板が一新され、従来当初のモデルに比べ丸みを帯びが外観となっているのが特徴的である。
 
[[1998年]]に生産中止され、[[1999年]]に[[ローバー・600]]と統合されたなって後継となる乗用[[ローバー・75|75]]が発売された。
 
 
== 「スターリング」による対米輸出 ==
ローバーは800の[[アメリカ合衆国]]への輸出を待望したが、同社は乗用車[[ローバー・SD1|SD1]]の低品質と低信頼性による失敗に伴って同国市場から撤退を余儀なくされたばかりであった。そこで、同地の消費者のあいだで劣悪なイメージが定着したローバー・ブランドによる再進出は困難と判断、新たな[[ブランド]]として「スターリング(Sterling)」が北米販売用に創設された。アメリカ合衆国でのディーラー網構築後、アメリカ市場向けローバー800たる「スターリング 825L/SL」が1987年から1988年まで、「スターリング 827L/SL」が1988年から販売された。期待に反してスターリングでも品質問題が発生、調査会社[[JDパワー]]社にも酷評されたことで販売は低迷、1991年には廃業・販売中止となった[http://www.aronline.co.uk/index.htm?sterlingf.htm]。
 
一方、ホンダは1986年、レジェンドを[[フラッグシップ]]として新たな高級車ブランド「[[アキュラ]]」を北米で開業、成功をおさめた。
 
== 日本仕様 ==
*[[1987年]]からオースチンローバージャパン(1989年、[[ローバージャパン]]に改称)が発売を行っていた。
[[1987年]]からARJが発売を開始。当初ホンダ製[[ホンダ・C型エンジン#C25A|C25A]]型 V6 2.5Lの「'''スターリング'''(''Sterling'')」が販売された。初期の日本向けローバー・800は、本田技研狭山工場で生産が行われており、当時の両社の蜜月ぶりが伺える。デビュー当初にはテレビCMも放送され、これには女優の[[浅野ゆう子]]が出演していた。なお、英国車でありながら左ハンドルも設定されていた。
 
[[1987年]]からARJが発売を開始。当初ホンダ製[[ホンダ・C型エンジン#C25A|C25A]]型 V6 2.5Lを搭載した最上級モデルが'''スターリング'''(''Sterling'')(Sterling)のサブネームで販売された。初期の日本向けローバー・800は、本田技研狭山工場で生産が行われており、当時の両社の蜜月ぶりが伺える。デビュー当初にはテレビCMも放送され、これには女優の[[浅野ゆう子]]が出演していた。なおまた、英国車でありながら[[対面交通|左ハンドル]]も設定されていた。
 
[[1989年]]にマイナーチェンジされ、V6エンジンが2.7L(ホンダ製C27A型)に拡大された。外装ではバンパーが延長され、アルミホイールの意匠変更を行った。また、従来モノグレードであったが「'''827スターリング'''」の他にSD1を彷彿させるような5ドア[[ハッチバック]]「'''827ビテス'''(''Vitesse'')」、スターリングをベースに布シートとするなど価格を抑えた「'''827Si'''」の2グレードが新たに加わった。
== 関連項目 ==
{{Commonscat|Rover 800}}
* [[姉妹車]]
*[[オースチン・ローバー・グループ]]
* [[バッジエンジニアリング]]
* [[ローバー・SD1]]
* [[ローバー・600]]
* [[ローバー・75]]
* [[本田技研工業]]
* [[ホンダ・レジェンド]]
 
== 脚注 ==
匿名利用者