「ウソスコア」の版間の差分

例えば[[スーパーファミコン|SFC]]で発売された[[鮫亀]]のハイスコアコンテストでは[[NINTENDO64]]が景品となっていたため、改造ツールを使ったハイスコアが多かったとのことで、応募のために必要なパスワードでハドソン側がツール使用の有無を判別していた。
似たケースとして、自社ソフト専用の改造ツールに準ずるソフトを発売していた[[コナミ]]の一部MSXソフトにも、自社のコンテストにおいてツール使用の判別ができる仕組みの応募用パスワードを採用していた。
他に、[[チュンソフト]]の[[不思議のダンジョン]]シリーズ]]にも早解きイベント応募用パスワードが存在した作品があるが、同様のツール判別を行っていたかは不明。
 
ごく最近では[[グラディウスV]]のスコアコンテストでのツール使用者と思われるランキング入りの指摘があったが、コナミ側の「''ユーザーの判断に任せる''」趣旨の発言が問題になったことがある。こちらも上位ランキング入賞者には景品が贈呈されていた。
 
これらの問題がある為か、現在ではメーカー主催のスコアコンテストにあたる応募イベントは皆無に等しい。
また、ポケットモンスターの対戦イベントにおいては、参加者のセーブデータをチェックする装置で正規の手段で育てたデータか、改造ツールで改ざんされたデータかを判別する装置を用意しなければならない事態になっていた。
 
==関連項目==
匿名利用者