「優勝決定戦 (相撲)」の版間の差分

*幕内での優勝決定戦は[[2009年]](平成21年)9月場所の[[白鵬翔|白鵬]]-[[朝青龍明徳|朝青龍]]まで69回。出場が最も多かったのは貴乃花の10回。決定戦での優勝が最も多いのは[[千代の富士貢|千代の富士]](現[[九重 (相撲)|九重]])の6回。逆に決定戦での敗退(優勝同点)が最も多かったのは[[武蔵丸光洋|武蔵丸]](現[[振分]])の6回。決定戦に出場した7回のうち、優勝は1回だけだった。
 
*大関同士の優勝決定戦は過去少なく、決定戦が3人以上で行われた例を除けば[[1963年]](昭和38年)7月場所、[[北葉山英俊|北葉山]]-[[佐田の山晋松|佐田乃山]]、[[1970年]](昭和45年)1月場所、[[北の富士勝昭|北の富士]]-[[玉の海正洋|玉乃島]]、[[2002年]](平成14年)1月場所、[[栃東大裕|栃東]]-[[千代大海龍二|千代大海]]の3例である。ちなみに横綱同士による決定戦は2009年79月場所の朝青龍-白鵬まで1415例ある。
 
*横綱、大関のいずれも出場しなかった優勝決定戦は、[[1972年]](昭和47年)3月場所、[[関脇]][[長谷川勝敏|長谷川]]-[[前頭]]7枚目[[魁傑將晃|魁傑]](現[[放駒]])の1例のみ。
*兄弟対決は先述の3代若乃花-貴乃花の1回のみ。両者は[[1993年]](平成5年)7月場所でもともに決定戦に出場したが、このときは[[曙太郎|曙]]を交えた巴戦となり、曙が両者を連破して優勝を決めたために対決はなかった。
 
*同部屋対決は3人以上での決定戦を除けば[[1997年]](平成9年)11月場所の[[貴ノ浪貞博|貴ノ浪]](現[[音羽山 (相撲)|音羽山]])-貴乃花まで5回。[[1989年]](平成元年)7月場所の[[千代の富士貢|千代の富士]](現[[九重 (相撲)|九重]])- [[北勝海信芳|北勝海]](現[[八角]])は同部屋横綱同士の決定戦で、後にも先にもこの一例だけである(そもそも同じ部屋に二人の横綱が揃うこと自体めったにない)
 
*前頭の力士は[[2004年]](平成16年)5月場所の[[北勝力英樹|北勝力]]まで13人が決定戦に出場しているが、[[前頭#平幕で優勝した力士|平幕優勝]]は一度も出ていない。
匿名利用者