「シャインプルーフの原理」の版間の差分

焦点面→物面; +画像
m (ロボットによる 追加: it:Regola di Scheimpflug)
(焦点面→物面; +画像)
[[Image:Scheimpflug.gif‎|thumb|270px|右から物面・レンズ主面・フィルム面であり、同一直線上で交わる。]]
{{物理学}}
'''シャインプルーフの原理'''('''―(シャインープルーフのげんり''', '''Scheimpflug principle''')は[[オーストリア]]の[[テオドル・シャインプルーフ]]が発見した[[原理]]で、[[平面]]の'''[[写真フィルム|フィルム]]''''''[[写真レンズ]]の[[主点|主''']]とがある1つの直線で交わるとき[[焦点ピント]]が面もまた同じ直線で交わるというものである。
 
'''シャインプルーフの原理'''('''―げんり''', '''Scheimpflug principle''')は[[オーストリア]]の[[テオドル・シャインプルーフ]]が発見した[[原理]]で、[[平面]]の'''[[写真フィルム|フィルム]]面'''と'''[[レンズ]]面'''がある一つの軸で交わるとき[[焦点]]が合う面もまた同じ軸で交わるというものである。
 
==定義==
'''シャインプルーフの原理'''は[[シャインプルーフカメラ]]に利用されている原理で、[[写真]]技術の一つとして利用されている。フィルム面とレンズ (レンズの中心を通り[[光軸]]に[[垂直]]な平面、lens plane)は通常の[[カメラ|写真機]]では[[平行]]に取り付けられており、フィルム面とレンズ面が交わることはない。この場合、焦点カメラがピントを結ぶ物もまた平行になる。このため、写真機の焦点写真機から一定距離前方平行平面に結ぶとなる
 
しかし、フィルム面とレンズ面を平行ではない配置にすると焦点面は平行ではなくなる。このとき、フィルム面レンズそして焦点・物面が1軸同一直線上で交わるというのが'''シャインプルーフの原理'''である。焦点面がレンズ面と平行でないため、シャインプルーフカメラは近距離にあるものと遠距離にあるものに同時に焦点を合わせることができる。
 
==関連項目==
*[[テレセントリック光学系]]
 
{{DEFAULTSORT:しやいんふるうふのけんり}}
[[Category:光学]]
[[Category:写真]]
[[Category:原理幾何光学]]
{{Camera-stub}}
{{Physics-stub}}
{{Camera-stub}}
 
[[de:Scheimpflugsche Regel]]
2,096

回編集