「河野安通志」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
{{Infobox baseball player
[[画像:Atsushi Kono.jpg|thumb|180px|河野安通志]]
|選手名 = 河野 安通志
'''河野 安通志'''(こうの あつし、[[1884年]]([[明治]]17年)[[3月31日]] - [[1946年]](昭和21年)[[1月12日]])は、[[石川県]]大聖寺(現・[[加賀市]])出身のアマチュア野球選手、及び日本初のプロ野球チーム創設者。父は[[河野通理]]で、[[加賀藩]]士。妻の[[河野いゑ]]は[[飛田穂洲]](忠順)の妹。守備位置は[[投手]]。
|選手写真ファイル名 = Atsushi Kono.jpg
|写真サイズ = 180px
|写真のコメント =
|国籍 = {{JPN}}
|出身地 = [[石川県]][[大聖寺町]](現:[[加賀市]])
|生年月日 = {{生年月日と年齢|1884|3|31|no}}
|没年月日 = {{死亡年月日と没年齢|1884|3|31|1946|1|12|}}
|身長 =
|体重 =
|利き腕 =
|打席 =
|守備位置 = [[投手]]
|経歴 = <nowiki></nowiki>
*[[横浜市立横浜商業高等学校|横浜商業学校]]
*[[学校法人明治学院|明治学院]]
*[[早稲田大学]]
|経歴補足題 =
|経歴補足 = <nowiki></nowiki>
|選出国 = 日本
|選出年 = 1960年
|得票率 =
|選出方法 = 特別表彰
}}
'''河野 安通志'''(こうの あつし、[[1884年]]([[明治]]17年)[[3月31日]] - [[1946年]](昭和21年)[[1月12日]])は、[[石川県]][[大聖寺町]](現[[加賀市]])出身のアマチュア[[野球選手、及び]]([[投手]])。日本初のプロ野球チーム創設者。父は[[河野通理]]で、[[加賀藩]]士。妻の[[河野いゑ]]は[[飛田穂洲]](忠順)の妹。守備位置は[[投手]]
 
父は[[河野通理]]で、[[加賀藩]]士。妻の[[河野いゑ]]は[[飛田穂洲]](忠順)の妹。
 
== 生涯 ==
=== 早稲田のエース ===
[[1897年]](明治30年)一家は横浜に転居し、野球に親しむようになる。旧制[[横浜市立横浜商業高等学校|横浜商業学校]]、[[学校法人明治学院|明治学院]]を経て[[1903年]](明治36年)[[早稲田大学]]入学後、創設して三年目の野球部に入部、第1回[[早慶戦]]の先発に抜擢された。この試合は9-11で敗れるが、その後エースとして活躍、「日本一」に貢献。
 
[[1905年]](明治38年)、野球部長の[[安部磯雄]]は日本一の褒美として、[[大隈重信]]学長に'''史上初のアメリカ遠征'''を願い出た。片道の渡航費5500円を借り受け、米国西海岸を転戦。各地の大学や軍隊のチームと26試合を行い、7勝19敗だったが、河野は24試合に登板、現地で「"Iron Kouno"(Kouno(鉄人河野)」と呼ばれた。この時、河野の人気に目をつけたタコマというプロチームから、臨時に試合出場しないかと打診されているが、これは安部磯雄が断っている。また、この遠征で、日本で初めて[[ワインドアップ]]投法や緩急をつけた投球を習得したといわれる。ちなみに、[[竹久夢二]]はこの河野のワインドアップ投法に強く魅せられ、絵はがきや挿絵に何枚も河野の姿を描いているほか、処女画集である『夢二画集 春の巻』の前書きにも河野のことを記している。
 
卒業後は、友人の経営する呉服店で勤務したほか、横浜商業、早稲田大学などで簿記の講師を務めている。また、この時早稲田野球部の監督(専任ではないので、正式記録には監督として記録されていない)も務めた。
 
[[1911年]] (明治44年)、[[東京朝日新聞]]が展開した[[野球害毒論]]キャンペーンにおける「野球をやると利き手が異常に発達するので有害」という論拠に自らの両手を挙げて反論した。
 
=== プロ野球創設と挫折 ===