「羽化」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[画像:Graptopsaltria nigrofuscata emergence.jpg|thumb|羽化直後の[[アブラゼミ]]<br>(。セミは不完全変態をおこない、幼虫から蛹の時期を経ずに成虫となる]]
'''羽化'''(うか)とは、[[昆虫]]が、[[幼虫]]、あるいまたは[[蛹]]から[[成虫]]に[[脱皮]][[変態]]をして羽が生えること。
 
'''羽化'''(うか)とは、[[昆虫]]が、[[幼虫]]、あるいは[[蛹]]から成虫に[[脱皮]]、[[変態]]をして羽が生えること。
 
[[昆虫の羽根]]は、ほぼ全ての昆虫に見られる、昆虫独自の構造である。ほぼ全ての昆虫において、完成した翅は成虫にしか見られないことから、成虫になるときの脱皮を特に羽化というのである。
 
[[昆虫の羽根]]はほぼ全ての昆虫に見られる、昆虫独自の構造である。ほぼ全ての昆虫において完成した翅は成虫にしか見られないことから、成虫になるときの脱皮を特に羽化というのである。
==概要==
昆虫の変態の様式は大きく分けて[[不完全変態]]と[[完全変態]]に分けられる。
不完全変態の昆虫の場合、幼虫の背中には小さな羽根があり、羽化の際にこれが大きくなる。完全変態の昆虫では、幼虫の間は羽根は外から見えず、蛹になってはじめて外見上でわかるようになる。
 
いずれにせよ成虫になるときには、羽根が一気に伸びて成虫の姿になる。
 
蛹から出た直後は羽はしわくちゃで、[[血液]]を送り込むことによって羽を伸ばす。そのため、羽根が伸びるための十分な空間がない場合、羽根が充分に伸びず、その後の活動が出来なくなる。これは昆虫に良く見られる事故の一つである。地中に[[蛹室]]を作る昆虫によく見られる。
 
[[Category:昆虫|うか]]
4,543

回編集