「世尊寺家」の版間の差分

情報追加
(情報追加)
{{日本の氏族|家名=世尊寺家|家紋名称=|本姓=[[藤原北家]][[藤原伊尹|伊尹流]]|家祖=[[藤原行成]]|種別=[[公家]]|出身地=[[京都]]|所領地= |人物=[[藤原行成]]|支流=}}
'''世尊寺家'''(せそんじけ)は、[[藤原北家]]から出た氏族の一つ公家祖の[[藤原行成]]以降代々[[書道]]の家系であり、その流派は[[世尊寺流]]として受け継がれた。
 
==由来==
[[藤原行成]]が晩年母の里方の[[代明親王]]の邸宅だった桃園第(<ref>元は[[清和天皇]]皇子で[[清和源氏]]の祖である[[貞純親王]]の邸宅であった。場所は[[平安京]]一条の北、大宮の西、[[大内裏]]の北郊で現[[京都市]][[上京区]][[大宮通]]一条上ルの西方にあったとされる。</ref>に隠棲し、邸宅内に世尊寺を建立またその子孫が[[世尊寺家]]を名乗り、代々そこを住居としたためこの名[[世尊寺家]]を名乗る。
 
==その後==
初代[[藤原行成]]から17代を数えるが、世尊寺の家名で知られるのは[[世尊寺行能]]以後とされる。17[[鎌倉時目の]]から[[世尊寺行季室町時代]]の薨去をもっにかけて[[堂上家]]とし続き室町時代には[[正二位]]・[[参議]]を極官としたが、室町時代末の17代目[[世尊寺行季]]薨去により断絶、絶家となった。
 
『[[太平記]]』に[[新田義貞]]の妻として登場する[[勾当内侍]]は、[[世尊寺経尹]]の娘という<ref>『[[尊卑分脈]]』</ref>。
 
==一族==
#[[藤原行経]](1012(あるいは1009)-1050)
#[[藤原伊房]](1030-1096)
#[[藤原定実]](?-1131)
#[[藤原定信]](1088-1156)
#[[藤原伊行]](1139?-1175)1175?)
#[[藤原伊経]](?-1227)
#[[世尊寺行能]](1179-1225)
#[[世尊寺経朝]](1215-1276)
#[[世尊寺経尹]](1247-1311)
#[[世尊寺行房]](?-1337)
#[[世尊寺行尹]](?-1350)
#[[世尊寺行忠]](?-1381)
#[[世尊寺行俊]](?-1407)
#[[世尊寺行豊]](?-1454)
#[[世尊寺行高]](?-1478)
#[[世尊寺行季]](1476-1532)(1532) - [[正二位]][[参議]]
 
==世尊寺家系譜==
     [[藤原伊経|伊経]]  [[建礼門院右京大夫|建礼門院右京大夫]]
 
 
== 脚注 ==
{{reflist}}
 
{{DEFAULTSORT:せそんしけ}}
10,049

回編集