メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''正倉院文書'''(しょうそういんもんじょ)は、[[東大寺]][[正倉院]]に保管されてきた文書群で、主に東大寺写経所が作成した文書群のこと(狭義には中倉の写経所文書を正倉院文書と呼ぶ。この他、北倉文書がある)。[[奈良時代]]に関する豊富な情報を含む[[史料]]である。
 
[[律令制]]下で[[官庁]]が作成した文書や諸国からの報告書のほとんどは短期間(戸籍の保存期間は比較的長く30年)で廃棄されていたが、東大寺写経所では廃棄文書の裏面を帳簿として再利用していた。8世紀([[神亀]]~[[宝亀]]年間の約50年)の写経所文書が正倉院に納められ、保存されてきたため、[[奈良時代]]の[[戸籍]]・正税帳などの貴重な[[史料]]が今日まで残ることになった。
 
[[江戸時代]]後期、穂井田忠友([[平田篤胤]]に学んだ国学者)によって写経所文書の紙背にある史料が注目され、[[1833年]]-[[1836年]]([[天保]]4-7年)、元の戸籍・正税帳などの状態を復元すべく一部の文書が抜出されて、45巻(正集)にまとめられた。[[明治時代]]以降は[[内務省]][[宮内省]]により整理が続けられ、667巻5冊の形態になった。これにより文書の研究は大きく進んだが、一方で写経所文書は断片化されてしまい、かつての形態とは異なってしまっている。
 
建築史家・[[福山敏男]]は写経所文書に含まれていた<!--?-->石山寺関係史料の復元考察を行い、[[石山寺]]の造営過程(761年-)を浮かび上がらせた(「奈良時代に於ける石山寺の造営」1933年、『日本建築史の研究』所収)。福山の研究以降、写経所文書の研究も進められている。
 
正倉院文書は『[[大日本古文書]]』(編年文書、25冊、[[1901年]]-[[1940年]])に活字化されている。原本は非公開で、[[正倉院]]の曝涼にあわせて、毎年秋の正倉院展([[奈良国立博物館]])において数点が公開される。
 
== 関連項目 ==
3,759

回編集