「ファンタジー漫画」の版間の差分

(雑誌の創刊時期を訂正)
また、[[赤塚不二夫]]『[[ひみつのアッコちゃん]]』([[1962年]])、[[横山光輝]]『[[魔法使いサリー]]』([[1966年]])といった、{{要出典範囲|不思議な力を持つ少女がごく普通の日常生活を暮らしているというプロットの作品も、後のファンタジー漫画に一つの類型を与えることになった。|2009年2月10日 (火) 03:45 (UTC)}}前者は、少女が不思議な力で変身して大活躍する話であり、後者は魔法少女の話である。
 
これらのファンタジー漫画として分類されうる作品は主として少女漫画で描かれていたが、1990年頃より少年漫画や青年漫画にも描かれるようになってきた。1993年には『[[月刊Gファンタジー]]』、94年には『[[月刊ASUKAファンタジーDX]]』(後に『ふぁんデラ』と誌名を改定。ただし、同誌は冒険漫画もしくはSF漫画と称される連載も多かった)などファンタジー漫画誌が創刊されており、2000年代に入ると『[[夢幻館]]』などのファンタジーを主題とした[[漫画雑誌]]が刊行されている
 
1990年代には、93年創刊の『[[月刊Gファンタジー]]』や、94年独立創刊の『[[月刊ASUKAファンタジーDX]]』(後に『ふぁんデラ』と誌名を改定。ただし、同誌は冒険漫画もしくはSF漫画と称される連載も多かった)などが刊行されており、2000年代に入ると『[[夢幻館]]』などのファンタジーを主題とした[[漫画雑誌]]が刊行されている。
 
==脚注==