「土岐氏」の版間の差分

m
ロボットによる: 文字置き換え (-荘園 +荘園 (日本))
m (ロボットによる: 文字置き換え (-荘園 +荘園 (日本)))
かつての「[[康行の乱]]」では土岐氏庶流の多くが康行に付随したため、新たに美濃守護となった頼忠の土岐西池田氏は外様の[[国人]]である[[富島氏]]と[[斎藤氏]]を[[守護代]]として重用する。その後、[[土岐持益 (守護)|持益]]の頃に富島氏と斎藤氏の争いが、美濃全土を巻き込む内乱に発展した([[美濃錯乱]])。最終的に勝利した斎藤氏が、守護代を単独で継承して美濃の実権を握るようになった一方、持益は隠居させられ、[[斎藤利永]]が擁立する庶流の[[土岐成頼|成頼]]が守護になった。
 
[[応仁]]元年([[1467年]])に[[応仁の乱]]が起きると成頼は西軍に加わった。この乱では[[斎藤妙椿]]が活躍、美濃の東軍方(富島氏)を駆逐し、更に[[公家]]の[[荘園 (日本)|荘園]]や[[国衙領]]を盛んに押領して国内を制圧。尾張、伊勢、[[近江国|近江]]、[[飛騨国|飛騨]]まで勢力を伸ばして、妙椿は西軍の重鎮に数えられるようになる。斎藤妙椿は[[越前国|越前]]の[[朝倉孝景 (7代当主)|朝倉孝景]]と共にこの時代に守護代が守護の力を凌いだ事例([[下克上]])として有名である。
 
===戦国時代===
8,614

回編集