「七官」の版間の差分

Cat追加など
(Cat追加など)
{{出典の明記}}
'''七官'''(しちかん)は、慶応4年の[[政体書]]に基づいて[[明治]]政府に設置された中央官庁、すなわち[[議政官]][[神祇官]]、行政官、会計官、[[軍務官]]、外国官および刑法官の総称である。
 
==概要==
 
明治2年5月13日、議政官が廃止され、7月8日、行政官は太政官に、神祇官は神祇省に、会計官は大蔵省に、軍務省は兵部省に、外国官は外務省に、刑法官は刑務省となった。
 
== 関連項目 ==
* [[近代日本の官制]]
 
{{DEFAULTSORT:しちかん}}
[[Category:明治時代の政治]]
[[category:廃止された日本の国家機関]]
{{Japanese-history-stub}}