「ビデオCD」の版間の差分

海賊版を買う人をファンと呼ぶのを避けとく。ほか
(海賊版を買う人をファンと呼ぶのを避けとく。ほか)
ビデオCDの映像画質は「[[VHS]](ノーマルVHS)の3倍モードと同程度」とされるが、VHSの[[アナログ]]形式と異なり[[デジタル]]形式で格納されているため、画像の劣化がVHSよりも極端に少ないという特長を持つ。特に、[[ジッター]]と呼ばれる映像の横揺れはほとんどなく、アナログビデオ特有の色むらなども少ない。プレーヤーとテレビを[[S端子]]や[[D端子]]などで接続すれば、スッキリとした映像で再生可能という特徴があるが、[[ビット毎秒|ビットレート]]が低いため、映像によっては、[[ブロックノイズ]]が多発する場合もある。
 
DVDが普及する以前から、安価に製造できる点が[[香港]]や[[フィリピン]]、[[台湾]]などの[[アジア]]地域で重宝され、「[[レーザーディスク]](現在ではDVD)より安くVHSより高品質なメディア」として普及した。しかし、手軽に製造できる為に[[ブートレグ|海賊版]]の存在が[[ハリウッド]]等から問題視される事もある。日本での例としては、アニメやドラマなどの全話を収録したLD-BOXが数万円で販売されていた時期に、[[香港]]や[[台湾]]において同じく日本のアニメやドラマを全話収録したビデオCDが数千円程度で販売されており、こういった商品は日本国内でも[[ネットオークション]]などを通じて、日本のファンにも販売され出回っていた。
 
DVDが普及した[[2009年]]現在ではDVDの海賊版も増えたが、ビデオCDには[[コピーガード]]および[[リージョンコード]]が導入されていないため、海賊版において頻繁に用いられる規格となっている。香港や台湾への日本人旅行者が、DVDにはリージョンコードの問題があるため、ビデオCDを購入して持ち帰ることも多い。
 
== 同様の形式 ==
本規格を改良し、映像を[[MPEG-2]]に対応させ、より圧縮率高めた「[[スーパービデオCD]](SVCD)」も存在するほか、「[[KVCD]]」と呼ばれるものも存在する。これらは通常のビデオCDの録画時間を上回る120分以上もの映像を、DVDに近い品質でCDに収録する技術であり、NTSC・PALいずれにも対応している。また、圧縮率を高めることにより、ビデオCDと同程度の画質であれば6時間以上の映像を収録することもできる。これらの形式は正式に標準化はされていないものが、既存技術組み合わせであるためソフトウェアの設定次第で[[パーソナルコンピュータ|パソコン]]のCD-ROMドライブで再生に対応しておりできる。また、いくつかのDVDプレーヤーで再生にも対応していができる場合がある。
 
そのほかにも[[中華人民共和国|中国]]だけで普及している形式として、[[DVCD]]や[[ダブルビデオCD]]も存在する。
261

回編集