「佐原盛純」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概要 ==
[[天保]]6年(1835([[1835]])(もしくは[[1836年]])、現在の[[会津若松市]]に生まれる。実家は裕福な[[商人]]の家であった。少年時代から学問に没頭、18歳のときに[[江戸]]へ遊学し、そこで[[添川完平]]らに師事する。優秀な人物であったようで、[[文久]]3年([[1863年]])には[[幕臣]][[池田長発]]の[[侍講]]となって渡仏するほどであった。
 
[[士族]]・[[佐原氏]]を継いだのは[[明治維新]]後であった。[[司法省]]に勤めたが、[[明治]]8年([[1875年]])、40歳で[[会津]]へ帰郷し、そこで教鞭をとる。明治17年([[1884年]])、[[日新館]]館長[[中条辰頼]]から依頼され、『白虎隊詩』をつくった。
 
明治41年(1908([[1908]])、[[脳溢血]]のため死去、[[享年]]74。
 
== 関連項目 ==
* [[白虎隊]]
* [[三浦佐原氏]]
* [[蘆名氏]]
 
{{DEFAULTSORT:さわら もりすみ}}
[[Category:日本の官僚 (司法省・刑部省)]]
[[Category:三浦佐原|もりすみ]]
[[Category:蘆名氏|もりすみ]]
[[Category:福島県の歴史]]
[[Category:会津若松市の歴史]]
匿名利用者