「松下哲哉」の版間の差分

編集の要約なし
'''松下 哲哉'''(まつした てつや、[[1960年]][[8月9日]] - )は、[[運動]][[生理学]]、特に[[循環器]]系統の[[持久力]]「息こらえの研究」で有名である。[[シンクロナイズドスイミング]][[選手]]をはじめスポーツ選手、水中モデル等への指導を行っている。[[福島大学]][[教育学部]][[卒業]]。[[学位]]は[[教育学]]士。[[神奈川県]][[横浜市]]生まれ。
 
[[日本水中スポーツ連盟]]、日本運動生理学会、日本バイオメカニクス学会所属。現職は[[千葉県立沼南高柳高等学校]][[教諭]]、[[インターネット医科大学]][[教授]]。
 
==人物==
[[大学]]の教育学部への[[進学]]に反対する両親を説得、[[福島大学]][[教育学部]]へ[[入学]]し教育者の道に進む。[[福島大学]][[入学]]とほぼ同時に元[[東京大学]][[教授]]である石河利寛氏に感銘を受け[[運動]][[生理学]]分野に興味を示す。[[福島大学]]1年の時、水中[[写真家]]館石昭氏の[[モルディブ]]での水中[[写真集]]「海のオリビア」で水中[[モデル (職業)|モデル]]に[[指導]]をしたことから第一歩を踏む。その後、水中[[ファッションショー]]の水中モデル(主に海外)や[[シンクロナイズドスイミング]][[選手]]への[[指導]]が本格化し、自身の息こらえの[[研究]]も軌道にのる。[[アメリカ合衆国|アメリカ]]のJ.レッドフォード[[博士]]より助言を受けながら指導を続ける。独自の息こらえ時間を延長させる方法を開発し、国内では[[オリンピック]]レベルの[[選手]]への指導も行い、[[シンクロナイズドスイミング]]、[[水泳]]以外での[[スポーツ選手]]や親交の深い[[プロ野球選手]]への[[指導]]助言も行っている。海外や国内での[[映画]]の水中シーンにおいて、[[俳優]]や[[女優]]に個別指導も行っている。また[[シンクロナイズドスイミング]]や[[潜水]]、[[運動]][[生理学]]関係で[[マスコミ]]等の取材を受けることもある。[[インターネット医科大学]]においては、分野は違うが全国から寄せられる相談にも回答している。
 
==業績==
 
==主な研究==
*[[シンクロナイズドスイミング]]選手の息こらえ時間について
*低年齢における息こらえ時間について
*息こらえ中の[[脈拍]]数の変動について([[潜水]][[徐脈]])
*息こらえ前後の[[肺胞]]の中の[[酸素]]と[[二酸化炭素]]について
*過換気呼吸息こらえ時間に及ぼす影響について
*連続の過換気呼吸の危険性について
*水温が[[シンクロナイズドスイミング]]選手の水中息こらえ時間に水温が及ぼす影響について
*息こらえ訓練と[[最大酸素摂取量]]の増加について
*[[深呼吸]][[健康]]法について
*独自の息こらえ練習方法の開発及び発展
 
==書籍==
*[[解体新ショー]]「[[北京オリンピック]]直前企画!息こらえ」([[NHK総合テレビ]]2008年7月18日放送 8月28日再放送)
*[[ズームイン!!SUPER]](日本テレビ2009年9月11日放送)
 
==関連項目==
*[[神奈川県出身の人物一覧]]
*[[福島大学の人物一覧]]
 
== 外部リンク ==
335

回編集