「金属工学」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: la:Metallurgia)
'''冶金学'''(やきんがく、英語:metallurgy)とは、主として[[鉱石]]から[[金属]]を抽出させる方法を研究し、さらに抽出した金属の[[精錬]]、[[合金]]の製造、金属の物理的・化学的性質をも研究する[[学問]]のことである。'''冶金'''とは、鉱石からの金属の[[抽出]]([[精錬]]および[[製錬]])と金属の[[加工]]に関する[[技術]]のことである。
 
日本でははじめ、「金属工学」について「冶金学」と呼んだ。日本で最初に「冶金学」という名前が付いた機関は、[[東京大学]]理学部採鉱学科が東京大学理学部採鉱冶金学科となった[[1880年]]である。民間研究機関としては、[[日立金属]]の冶金研究所の設立が[[1934年]]と現存する研究機関では最古である。また私立学校の高等教育機関におけるとして冶金学を専門に扱う学科を設置したのは[[興亜工業大学]](千葉工業大学)の冶金学科(現・機械サイエンス学科)が最初である。
 
最近では、冶金学は[[金属工学]]([[材料工学]])と呼ばれる。ちなみに、英語では冶金学・[[金属工学]]どちらとも''[[:en:metallurgy]]''と呼ぶ。冶金学は、[[金属工学]]となったものの、根強く使われており、漢字大国中国でもこの用法が主流なため改変は早計であったとの見方も出ている。
匿名利用者