「桑原征平」の版間の差分

編集の要約なし
**フジテレビでは、桑原に対して、制作局の幹部が直々に出演を打診した。桑原自身も、司会を務めていた『土曜!100%』の終了が決まっていたことから打診を内諾。その後、当時の関西テレビ社長(フジテレビ出身)が社内の反対を押し切る格好で、「半年間の期限付きレンタル移籍」という形での出演を認めた(後に期限を2年間まで延長)。ちなみに桑原は、これを機に東京へ単身で赴任したため、両局の配慮でフジテレビに近い一等地の高級マンションへ住むことを許された。
**桑原の後にも、在阪準キー局([[朝日放送]])のアナウンサー(当時)・[[赤江珠緒]]が、同様の状況でキー局([[テレビ朝日]])制作の全国ネット番組『[[スーパーモーニング]]』(『おはよう!ナイスデイ』と同時間帯に放送)のアシスタントに抜擢されたことがある(2003年7月~2006年3月、2007年4月からはフリーアナウンサーとして司会を担当)。
**その『おはよう!ナイスデイ』の司会を桑原が務めていた1986年11月25日の同番組放送中、[[有楽町三億円事件|東京・有楽町で3億円強奪事件が発生]]、急遽番組の内容を変更してフジテレビの報道デスクからこのニュースを伝えることになった。スタジオの桑原が「報道デスクさん」と呼びかけ、映像が切り替わると、そこに飛び込んできたのは、ニュースを伝えるべく報道デスクでスタンバイしていた[[露木茂]](当時フジテレビアナウンサー)がスタッフと談笑し、しかも大爆笑中の姿だった(全くスタジオと報道部の疎通をとれなかったとされる)。ほどなくスタジオに映像が戻り、桑原は苦笑しながら「露木さん、本番前にちょっとリラックスされていましたが…」と苦し紛れの弁明をした。その後再び報道デスクに映像が切り替わると、露木はそれまでとは180度変わった大真面目な顔でニュースを伝えた。このハプニングは現在でもNG集などでしばしば取り上げられている。
*全国ネットの番組に登場する機会が増えるにつれて、芸能人との親交を深めるようになった。
**『土曜大好き!830』では、板東と丁々発止のやり取りを繰り返した関係で、両者のトークに割って入れないアシスタントが短期間で交代していた。ちなみに、歴代のアシスタントの中では、[[香坂みゆき]]との親交が深い。
* [[山田美也子]]
* [[筒井櫻子]]
* [[須田哲夫]]
* [[松田朋恵]]
* [[露木茂]]
* [[大塚範一]]
* [[八木亜希子]]
匿名利用者