「広島県立戸手高等学校」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''広島県立戸手高等学校'''('''ひろしまけんりつとでこうとうがっこう''')は、[[広島県]][[福山市]][[新市町]]にある[[県立]]の[[全日制]][[総合学科]]と定時制が併設された高校である。最寄り駅は[[西日本旅客鉄道|JR西日本]][[福塩線]][[上戸手駅]]である。
 
なお当校は[[1998年]]に従来あった広島県立戸手商業高等学校と広島県立至誠高等学校が合併して誕生した。そのため以下の沿革は両校のものを併記する。
*[[1944年]] 現在地(現・戸手高等学校)に移転
*[[1946年]] 「至誠高等女学校」(修業年限4年)を設置、翌年「至誠女子中学校」に改称
*[[1949年]] 「私立至誠高等学校」と改称、また「私立至誠女子高等学校」(普通科家庭科)を併設。
*[[1953年]] 至誠女子中学校を廃止。
*[[1973年]] 商業科・家庭科の募集を停止
=== 戸手高等学校 ===
*[[1998年]] 在来両校を統合し、広島県立戸手高等学校と校名変更。全日制総合学科と定時制を設置。 
*[[2000年]] 定時制が[[広島県立府中高等学校]][[広島県立自彊高等学校]][[広島県立神辺高等学校]]など4校の定時制として「[[広島県立芦品まなび学園高等学校]]として独立し、現在に至る。
 
== 関連項目==
98,919

回編集