メインメニューを開く

差分

m
→‎解説: 高橋英樹 (俳優)
NHK紅白では、20回目の記念放送となった[[1969年]]の[[第20回NHK紅白歌合戦|第20回紅白]]でも披露された。1962年に出場した際の歌唱映像は現存していないため、存在するのはこちらのみである([[モノクローム|モノクロ]]映像)。[[民間放送]]で同曲を歌う西田佐知子の映像が流れる場合、この第20回紅白の歌唱映像が貸し出されて流れる事がある。カラー映像は、1968年12月27日に[[東京放送|TBS]]系で放送された「日本レコード大賞10周年[[特別番組]]」に出演した時の物と、[[1975年]]にNHKの番組<!--(『思い出のメロディー』?)-->に出演した時の物が現存している(どちらもビデオ映像)。
[[1963年]]には、[[浅丘ルリ子]]主演、[[高橋英樹 (俳優)|高橋英樹]]が相手役で西田本人も出演した歌謡映画『アカシアの雨がやむとき』が封切られた。[[2002年]]の年末、[[NHK衛星第2テレビジョン|NHK BS2]]で放送された『[[あなたが選ぶ思い出の紅白・感動の紅白|あなたが選ぶ 思い出の紅白感動の名場面]]』において、[[ビデオテープレコーダ|VTR]]出演した浅丘が「もう一度聴きたい曲」としてこの曲を挙げ、第20回紅白の映像がオンエアされた。ちなみに、この1969年は審査員で浅丘も出演していた。西田と浅丘は互いの独身時代、大変親しかったことでも知られている。
 
大ヒット以降は、カヴァー曲の定番としても知られる。往年の流行歌手では[[藤圭子]]や[[青江三奈]]等がレコードに吹き込んでいる。演歌歌手以外にも、NHKの『[[思い出のメロディー|第16回思い出のメロディー]]』([[1984年]])で[[松田聖子]]が「母がよく口ずさんでいた」という理由で披露したり、[[工藤静香]]がカヴァー・アルバム『[[昭和の階段 Vol.1]]』([[2002年]])で歌っている<ref>工藤静香のカヴァー・アルバム『[[昭和の階段 Vol.1]]』では、「アカシアの雨がやむとき」のほかに「コーヒールンバ」もカヴァーされている。</ref>。[[戸川純]]のカヴァーは、曲の初めと終わりに[[学生運動]]風の[[効果音|SE]]が収録されているのが特徴的である<ref>アルバム『昭和享年』に収録された。</ref>。
40,665

回編集