「上杉景虎」の版間の差分

*上杉・長尾一門は代々親族間の抗争が激しく、とくに上田長尾家と古志長尾家・府内長尾家は歴史的に対立関係にあった。[[御館の乱]]において景虎は、古志家の支持を受けると共に、[[北条家]]という強大なバックを持っていた。他の景虎派には三条城主の[[神余親綱]]、[[厩橋城]]将で北条家との繋がりも強い[[北条景広]]などがいる。一方、これに対抗する景勝派には、生家・上田長尾家の配下の上田衆を始め、同じく謙信の養子であった[[上条政繁]]・[[山浦国清]]、謙信政権を支えた[[直江景綱]]の養子・[[直江信綱]]とその配下の与板衆、下越地方の[[揚北衆]]、謙信の重臣[[斎藤朝信]]などがいる。また[[山本寺上杉家]]、[[河田氏]]、[[柿崎氏]]など、親子兄弟が分かれて敵対する家もあった。これらについては勝敗の趨勢を見際め、家の安泰をはかるためとの見方が強い。
 
*近年では「[[北条氏秀]]」と「上杉景虎」は別人という説<ref>長塚孝「北条氏秀と上杉景虎」(戦国史研究会『戦国史研究』第12号(1986/08))</ref>が定着している。上杉景虎が越後に赴いた頃、北条氏秀は江戸に存在しており、氏秀は[[北条綱成]]の次男であると考えられるからである。上杉景虎が北条氏秀を名乗った証明となる確かな史料も発見されていない。このため、現在では北条時代の景虎を「北条氏秀」ではなく「北条三郎」と表記するのが一般的である。なお、北条時代の彼が三郎を称していたとする説にも異論があり、三郎のように「○郎」とする通称は、関東管領を務めた謙信以前の山内上杉家一族がよく用いたもので(例:[[上杉憲実]]の「四郎」、[[上杉憲政]]の「五郎」等)、景虎の「三郎」と云う通称はこの流れを汲んでのものと見て謙信養子入り後とする主張もある。ただし北条家に置いても○郎という通称の者は数多くいる。<ref>山内上杉家嫡男の通称は殆どが四郎もしくは五郎であり、山内上杉家として通称を変えたのであれば何故四郎や五郎ではなく三郎なのか、また謙信が関東管領職を継いだあとも弾正少弼の官途を用いて通称を変更した形跡(山内上杉は官途より四郎、五郎の通称を優先して用いる傾向がある)がない等の指摘もあり、通説には至っていない。小田原北条記には北条幻庵(通称:三郎)に養子入りした際に元服して三郎と名付けられたという記述がある。また永禄年間に北条氏康が出した「三郎殿」宛ての書状をのちに上杉景虎となる北条三郎宛てのものであるとする説もある。</ref>。
 
== 系譜 ==
匿名利用者