「小笠原康広」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''小笠原 康広'''(おがさわら やすひろ、[[享禄]]4年([[1531年]])- [[慶長]]2年[[12月8日 (旧暦)|12月8日]]([[1598年]][[1月15日]]))は、[[戦国時代 (日本)|戦国]]・[[安土桃山時代]]の[[後北条氏|北条氏]]・[[徳川氏]]家臣。[[小笠原元続]]の子。正室は[[北条氏康]]の娘・種徳寺殿([[寛永]]2年[[6月5日 (旧暦)|6月5日]]([[1625年]][[7月9日]])没)。子に[[小笠原長房 (旗本)|小笠原長房]]・[[伊東政世]]正室・[[吉良氏広]]([[蒔田頼久]])正室がいる。通称・六郎。兵部少輔、後に播磨守と名乗る。法名は宗有(寛政重修諸家譜)。
 
[[北条氏綱]]の母方の縁戚であり、主君・北条氏康の娘を娶り、さらに「氏'''康'''」から一字を拝領して「'''康広'''」と名乗ることを許されるなど準一門の厚遇を受けた。武家故実([[武家]]の[[有職故実]])に精通して、武者奉行や飯泉町([[小田原城]][[城下町]]の1つ)奉行を務める。[[天文 (日本)|天文]]年間末期より活躍し、[[永禄]]2年([[1559年]])の[[役帳]]では、「小笠原六郎」が[[相模国]][[高座郡|西郡]]矢畑郷にて180貫文を与えられていたことが記されている。[[天正]]2年([[1574年]])には子の孫(後の長房)に家督を譲ったものの、同8年([[1580年]])には[[遠江国]][[浜松城]]の[[徳川家康]]の元に使者として派遣されている。更に同11年([[1583年]])の家康の娘・[[督姫]]の[[北条氏直]]への輿入れの際には浜松城まで督姫を迎えるための使者として派遣された。
 
天正18年(1590)の[[豊臣秀吉]]の[[小田原の役|関東平定]]後、氏直に従って[[高野山]]に入り[[出家]]して播磨入道と号した。氏直死後の[[文禄]]元年([[1592年]])、[[加々爪政尚]]の勧めで[[上洛]]して徳川家康に仕えた。
匿名利用者