メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
[[Image:1997.rover.800.arp.jpg|thumb|250px|right|ローバー・800 後期型]]
[[Image:Rover_800_02.jpg|thumb|250px|right|ローバー・800クーペ]]
'''ローバー800'''(Rover 800)は、[[イギリス]]の[[ローバー (自動車)|ローバー]]が、[[1986年]]から[[1998年]]まで販売していた[[高級車|高級乗用車]]である。
 
当時提携関係にあった日本の[[本田技研工業]]との共同開発車であり、[[シャシ (自動車)|シャシ]]などの多くを[[ホンダ・レジェンド]]/[[アキュラ]]・レジェンドと共有していた。
 
== 歴史 ==
1980年代初頭、経営難に陥っていた[[ブリティシュ・レイランド]]社は、陳腐化し、信頼性にも問題を抱えた同社の高級車[[ローバー・SD1|SD1]]を刷新できない状態でいた。一方、[[1979年]]から提携関係にあった日本の[[本田技研工業|本田技研工業(ホンダ)]]では、乗用車・[[ホンダ・アコード|アコード]]の上級車種の販売を計画していた。そこで、日本車の技術・品質と、イギリス車の内装の雰囲気を併せ持った上級車の共同開発が計画され、それは新大型車プロジェクト「XXプロジェクト」と名付けられた{{要出典}}<ref>後に開発される[[ホンダ・コンチェルト|コンチェルト]]/[[ローバー・400]]では「YYプロジェクト」と命名されている{{要出典}}。
またホンダ製V6V6エンジンはローバー輸出向けとしても開発されていた為、当時のホンダ車とは異なり一般的な正回転式が採用されていた。</ref>。
 
[[1985年]]、ホンダ版XXの[[ホンダ・レジェンド|レジェンド]]が先に発売され、ローバー・800は翌[[1986年]]に発売された。2.5L [[V型6気筒|V6]] [[SOHC]]はホンダ製、2L [[直列4気筒|直4]] [[DOHC]]は自社製のエンジンが搭載されていた。プラットフォームはレジェンドと同一としながら、エクステリアやインテリアは英国らしい雰囲気のものとされた。英国・コノリー社製レザーシートやハンドメイドで製作するウォールナットパネルが装備されるものもあった。
 
レジェンドが[[1990年]]に[[モデルチェンジ (自動車)|モデルチェンジ]]されて2世代目に移行した一方、ローバー・800は小変更を受けながらも[[1999年]]まで継続して販売された。途中[[1992年]]のマイナーチェンジ(R17系)では、フルスキンチェンジとも言うべき外板が一新され、当初のモデルに比べて丸みを帯びが外観となっている。
 
[[1998年]]に生産中止され、翌[[1999年]]になって後継となる乗用車・[[ローバー・75|75]]が発売された。
 
== 「スターリング」による対米輸出 ==
ローバーは800の[[アメリカ合衆国]]への輸出を待望したが、同社は乗用車[[ローバー・SD1|SD1]]の低品質と低信頼性による失敗に伴って同国市場から撤退を余儀なくされたばかりであった。そこで、同地の消費者のあいだで劣悪なイメージが定着したローバー・ブランドによる再進出は困難と判断、新たな[[ブランド]]として「スターリング(Sterling)」が北米販売用に創設された。アメリカ合衆国でのディーラー網構築後、アメリカ市場向けローバー800たる「スターリング 825L/SL」が1987年から1988年まで、「スターリング 827L/SL」が[[1988年]]から販売された。期待に反してスターリングでも品質問題が発生、調査会社[[JDパワー]]社にも酷評されたことで販売は低迷、[[1991年]]には廃業・販売中止となった[http://www.aronline.co.uk/index.htm?sterlingf.htm]。
 
一方、ホンダは1986年、レジェンドを[[フラッグシップ]]として新たな高級車ブランド「[[アキュラ]]」を北米で開業、成功をおさめた。
 
== 日本仕様 ==
5,903

回編集