「M82 (天体)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: sr:Месије 82)
m
{{Otheruses|天体|対物ライフル|バレットM82}}
 
 
{| border="1" cellspacing="0" cellpadding="2" align="right"
|}
[[ファイル:M82 Chandra HST Spitzer.jpg|thumb|250px|left|M82([[チャンドラ (人工衛星)|チャンドラ]]、[[ハッブル宇宙望遠鏡|ハッブル]]、[[スピッツァー宇宙望遠鏡|スピッツァー]]のデータの統合処理画像)]]
 
'''[[メシエ天体|M]]82''' ('''[[ニュージェネラルカタログ|NGC]] 3034''') は、[[おおぐま座]]にある銀河。距離は1200万光年。[[1774年]]に[[ヨハン・ボーデ|ボーデ]]が[[M81]]と同時に発見した。ボーデは「星雲状の光斑で青く楕円」としている。[[1781年]][[シャルル・メシエ|メシエ]]は「星のない星雲でM81に先行、M81ほどはっきりしない。望遠鏡で同じ視野にみえる。端に微星があり、微かで全体がのびている」とした。[[ジョン・ハーシェル]]は「非常に大きく明るく、腕が出ている」としている。スミスは「長くて狭く、北端が明るく、M81より青白い」と記した。[[1871年]][[ウィリアム・パーソンズ|ロス卿]]は「ボーデの星雲。奇妙に曲がりくねった腕がある」とした。
 
双眼鏡では小さくぼんやりと見える。口径5cmの望遠鏡では、細長い姿を見ることができる。6cmの望遠鏡では、周辺のでこぼこや片方が明るいのが分かってくる。中心部の複雑な様相は、この口径でも観察できる。4インチ屈折でマラスは「非常に多くの大小様々の明るい光点が示され、正しく諸うつつする宇宙の様相を思わせる」とした。M81の丸い形との対照が面白い。その形から'''葉巻銀河''' (Cigar Galaxy) ともいう。
 
[[ファイル:M81m82 galex f.jpg|thumb|250px|left|M82(上)とM81(下)]]
M82は、通常Irr-II(II([[不規則銀河]])に分類されているが、実際には[[棒渦巻銀河]]を真横から見ているのであり、重力の歪みやスターバーストの活動によって棒渦巻銀河の形で見られないと言われている。
 
[[チャンドラ (人工衛星)|チャンドラX線観測衛星]]により、中心部から600光年離れたところから[[X線]]が観測された。X線源には、[[太陽]]の約500倍の質量を持つ中型[[ブラックホール]]があると考えられている。
== 外部リンク ==
* [http://www.seds.org/messier/m/m082.html M82, SEDS Messier pages]
{{メシエ天体}}
 
{{メシエ天体}}
[[Category:銀河|M082]]
{{DEFAULTSORT:M082}}
[[Category:メシエ天体|M082]]
[[Category:おおぐま座|M082銀河]]
[[Category:銀河|M082メシエ天体]]
[[Category:おおぐま座]]
[[Category:天文学に関する記事]]
 
[[be:Аб'ект Месье M82]]