「力への意志」の版間の差分

→‎解説: 中立的な視点
(→‎解説: 微調整。)
(→‎解説: 中立的な視点)
ニーチェは、[[キリスト教]]主義、ルサンチマン的価値評価、[[形而上学]]的価値といったロゴス的なものは、「現にここにある生」から人間を遠ざけるものであるとする。そして人間は、力への意志によって流転する価値を承認し続けなければならない悲劇的存在であるとする。だが、そういった認識に達することは、既存の価値から離れ、自由なる精神を獲得することを意味する。それは[[超人]]へ至る条件でもある<ref name="nietzsche_sisou">[[フリードリヒ・ニーチェ#思想]]を参照。</ref>。
 
力への意志という概念は[[国家社会主義ドイツ労働者党|ナチス]]の[[イデオロギー]]に利用されたが、現在ではニーチェの哲学を曲解したものであるとする見方が強いある<ref name="nietzsche_sisou" />。
 
==著書==
匿名利用者