メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
 
[[筑後国]][[柳川城]]主で[[蒲池氏]]第十六代の[[蒲池鑑盛]](蒲池宗雪)の三男。長兄に鑑盛の落胤で蒲池氏家老の[[蒲池鎮久]]、次兄に鑑盛の嫡子の[[蒲池鎮漣]]、弟に[[蒲池統康]](統春)がいる。蒲池氏の支城の[[塩塚城]]主。
 
<br />1578年の[[耳川の戦い]]に、父の鑑盛、兄の鎮漣と共に三千の兵を従えて[[大友氏]]方の武将として出陣。すでに家督を継いでいた兄の鎮漣は、直属の兵二千余を引き連れて柳川に帰城。戦いは、[[島津氏]]の「釣り野伏戦法」により大友氏の大敗北となるが、その中で、父の鑑盛と共に統安は、島津氏の本営への突入を何度も果敢に試み、父と共に壮烈な討死をする(あるいはこの時は筑後に戻り、[[柳川の戦い]]で討ち死にしたともいわれる)。
<br>統安の長子の[[蒲池鎮貞]](塩塚鎮貞)は統安の塩塚の家督を継ぎ、[[龍造寺隆信]]が蒲池鎮漣を肥前で謀殺し、筑後に侵攻した時は、塩塚城を守り討死する。
 
<br>統安の長子の[[蒲池鎮貞]](塩塚鎮貞)は統安の塩塚の家督を継ぎ、[[龍造寺隆信]]が蒲池鎮漣を肥前で謀殺し、筑後に侵攻した時は、塩塚城を守り討死する。
<br>統安の兄の鎮漣の妻の[[玉鶴姫]]は、龍造寺隆信の娘だったが、夫と一族を冷酷にも殺戮した父親を許さず、生家に戻ることを拒み、統安の子の鎮貞の守る塩塚城の近くで、従う家臣や持女108人と共に自害する。同地には現在、「史跡・蒲池鎮漣夫人他百八人殉難之地」(通称・塩塚百八人塚)の石碑が立っている。
[http://www5b.biglobe.ne.jp/~ms-koga/044tamatsuru.html 玉鶴姫の意地]
20

回編集