「品川氏」の版間の差分

編集の要約なし
'''品川氏'''(しながわし)
 
* [[鎌倉時代]]から[[室町時代]]にかけて活動した一族。本姓は[[紀氏]]。品河氏とも。 ⇒ '''[[#品川氏 (紀氏)]]'''
* [[武田氏]](安芸武田氏)、のち[[益田氏]]に仕えた一族。[[品川信定]]、[[品川将員]](大膳)を輩出した。
* [[江戸時代]]の[[高家 (江戸時代)|高家]]の一族。本姓は[[源氏]]。 ⇒ '''[[#品川氏 (清和源氏)]]'''
 
== 品川氏(紀氏) ==
江戸時代に品川氏の末裔とする一族が[[長州藩]]にあった(安芸品川氏)。
 
=== 参考文献 ===
* [[落合義明]]『中世東国の「都市的な場」と武士』([[2005年]]) ISBN 978-4634523418
* 『品川区史 通史編 上巻』
 
== 高家品川氏 (清和源氏) ==
'''品川氏'''(しながわし)は、[[江戸時代]]の[[高家 (江戸時代)|高家]]である。また、[[本姓]]は[[源氏]]。[[家系]]は清和源氏の一流 河内源氏の流れを汲む[[足利氏|足利一門]]、吉良氏の傍流 [[今川氏]]の庶流にあたる。
 
== 高家品川氏 (清和源氏) ==
[[今川氏真]]の次男[[品川高久]]から始まる。(なぜ今川姓ではないかというと、[[徳川家康]]から「今川の姓は宗家に限る」と言われ、今川宗家以外は品川姓を名乗った。)
'''品川氏'''(しながわし)は、[[江戸時代]]の[[高家 (江戸時代)|高家]]のひとつ。[[今川氏真]]([[今川義元]]の子)の次男[[品川高久]]が徳川幕府に出仕したことにはじまる。[[本姓]]は[[源氏]]。
 
'''品川氏'''(しながわし)は、[[江戸時代]]の[[高 (江戸時代)|高家]]である。また、[[本姓]]は[[清和源氏]]。[[家系]]は清和源氏の一流 [[河内源氏]]の流れを汲む[[足利氏|足利一門]]、吉良氏の傍流 [[今川氏]]の庶家ということあたる。
 
今川の名字は嫡流のみという由緒を重んじた[[徳川秀忠]]が命じたため、高久が屋敷のある品川を名字としたものである。
 
=== 高家品川氏歴代当主 ===
# [[品川氏繁]]
# [[品川氏恒]]
 
=== 参考文献 ===
* 観泉寺史編纂刊行委員会編『今川氏と観泉寺』(吉川弘文館、1974年)
 
{{DEFAULTSORT:しなかわし}}
匿名利用者