「第六次イゾンツォの戦い」の版間の差分

m
en:Sixth Battle of the Isonzo15:40, 23 November 2009 版部分訳
m (ロボットによる 変更: hu:Hatodik isonzói csata)
m (en:Sixth Battle of the Isonzo15:40, 23 November 2009 版部分訳)
|campaign=第一次大戦イタリア戦線
|colour_scheme=background:#cccccc
|image=[[image:Italian troops at Isonzo river.jpg|300px]]
|image=
|caption=第十一次までのイゾンゴリィアの戦い戦況図イタリア陸軍
|conflict=[[第一次世界大戦]]
|date=[[1916年]][[8月6日]] - [[8月17日]]
|place=イタリアのゾンツォ川、[[ゴリツィア]]付近
|result=イタリアの勝利
|combatant1={{ITA1861}}
}}
 
'''第六次イゾンツォの戦い'''(だいろくじイゾンツォのたたかい)とはゴリツィアの戦いとしても知られる、[[第一次世界大]]中の、イタリアが[[イゾンツォ川]]に沿って勝利を収めた会戦である
 
==戦闘準備==
オーストリア=ハンガリー帝国の[[フランツ・コンラート・フォン・ヘッツェンドルフ]]は、[[アジアーゴの戦い]]で、イゾンツォ戦線の軍の数を減らしていた。イタリアの最高指揮官[[ルイージ・カドルナ]]は弱くなったオーストリア=ハンガリーの守りを攻めるために、[[トレンティーノ]] (Trentino) から鉄道を上手く利用し、素早く軍を送り込んだ。8月6日、ゴリツィアで衝突があり、攻撃が開始された。[[8月8日]]にゴリツィアがカドルナに落とされ、イゾンツォ川を渡す橋頭堡がつくられた。オーストリア・ハンガリー軍は、防衛線を突破されるのを防ぐために、前線のゴリツィアに軍を送った。だが、橋頭堡を確保することに満足したカドルナは、8月17日に攻撃を終了した
 
==戦闘==
ゴリツィアへの攻撃は、イゾンツォ戦線に沿って行われたイタリアの攻撃の中で最もうまくいったもので、軍の士気が高まることにつながった。そして、[[8月28日]]、イタリアは[[ドイツ帝国|ドイツ]]に逆らい、宣戦布告をした。
8月6日、ゴリツィアで衝突があり、攻撃が開始された。[[8月8日]]にゴリツィアはイタリア軍によって落とされ、イゾンツォ川を渡す橋頭堡がつくられた。オーストリア・ハンガリー軍は、防衛線を突破されるのを防ぐために、前線のゴリツィアに軍を送った。だが、橋頭堡を確保することに満足したカドルナは、8月17日に攻撃を終了した。ゴリツィアへの攻撃は、イゾンツォ戦線に沿って行われたイタリアの攻撃の中で最もうまくいったもので、軍の士気が高まることにつながった。そして[[8月28日]]、イタリア政府は[[ドイツ帝国|ドイツ]]に対しても宣戦布告した。
 
後年の歴史家達はこのゴリツィア攻勢がカドルナ体制での唯一の勝利であったと評した上で、戦略的価値は低かったと指摘した。死傷者数に大きな差は無かったものの、死者数の割合がイタリア側で非常に多かった。これはカドルナがイタリア陸軍の装備の劣悪さを歩兵突撃で挽回しようとした事と、同様に性能で上回るオーストリア軍の野戦砲によって生まれた結果だった。またオーストリア軍は戦力を温存して防御体制を維持した。
 
== 他の戦闘 ==
164

回編集