「ジャン=ピエール・ノルブラン・ド・ラ・グルデーヌ」の版間の差分

編集の要約なし
 
[[ファイル:Jan piotr norblin autoportret.jpg|thumb|right|230px|ノルブランの自画像]]
[[ファイル:Wieszanie zdrajcow.jpg|thumb|right|230px|「ワルシャワの古市場町での反逆者の処刑」ノルブランの同時代を扱った作品の一つ。[[コシチュシュコ蜂起]]の最中、第2次[[ポーランド分割]]の原因を作った[[タルゴヴィツァ連盟]]の参加者が、国家の敵として処刑された。もし連盟のメンバーが捕まらなかった場合は、この絵のように肖像画が代わりに「絞首刑」を受けた。]]
'''ジャン=ピエール・ノルブラン・ド・ラ・グルデーヌ'''([[フランス語]]:Jean-Pierre Norblin de La Gourdaine、1745年7月15日 - 1830年2月23日)は、[[フランス]]出身の画家、素描家、彫刻家、風刺画家。1774年から1804年まで30年のあいだ[[ポーランド・リトアニア共和国|ポーランド]]で暮らし、同国で市民権を得ていた。ポーランドでは'''ヤン・ピョトル・ノルブリン'''([[ポーランド語]]:Jan Piotr Norblin)の名前で知られる。
 
 
== 外部リンク ==
{{Commonscat|Jean-Pierre Norblin de La Gourdaine}}
{{commons}}
*[http://www.muzeumkarykatury.pl/BBBmuzeum/artysci/artysci_18_windows/norblin.html Short biography]
*[http://malarze.com/artysta.php?id=81 Norblin's artwork at malarze.com]
19,276

回編集