「グレートオブザバトリー計画」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: tr:Büyük Gözlemevleri programı)
編集の要約なし
{{翻訳中途|[[:en:Great Observatories program]]|date=2008年6月}}
'''大規模観測計画'''(だいきぼかんそくけいかく、{{Lang-en|''Great Observatories''}})は[[アメリカ航空宇宙局|NASA]]の4機の大型で強力な[[宇宙望遠鏡]]の衛星シリーズである。いずれも規模、費用で群を抜いている。[[天文学]]への大きな貢献が期待される。4計画はいずれも異なる波長の[[電磁波]]観測であるを行う。<ref> {{cite web|url=http://www-istp.gsfc.nasa.gov/stargaze/Sun6new.htm |title=(S-6) Seeing the Sun in a New Light |accessdate=2007-12-07 |last=Stern |first=David P. |date=2004-12-12 |work=From Stargazers to Starships |publisher=NASA Goddard Space Flight Center }}</ref>
{{TOCright}}
 
== 大規模観測 ==
* [[ハッブル宇宙望遠鏡]] (HST) は[[可視光線|可視光]]から[[紫外線#紫外線の波長ごとの特徴|近紫外線]]の波長の宇宙望遠鏡である。1997年のシャトルミッションSTS-82で整備・改造された結果、近赤外線域での観測もできるようになった。HSTは、1990年に[[スペースシャトル]]・[[ディスカバリー (オービタ)|ディスカバリー]]/[[STS-31]]飛行ミッションで打ち上げられた。
 
* [[コンプトンガンマ線観測衛星]] (CGRO) は[[ガンマ線]]観測を目的とする。ガンマ線 - 短波長(硬)[[X線]]を観測する。1991年、[[アトランティス (オービタ)|アトランティス]]/[[STS-37]]で打ち上げられた。2000年に[[ジャイロスコープ]]が故障して軌道を離脱したため、指令により再突入させた。
 
* [[チャンドラ (人工衛星)|チャンドラ X線観測衛星]] (CXO) は当初、先進的X線天文施設 (Advanced X-ray Astronomical Facility :AXAF) と呼ばれてう名前だった。長波長(軟)X線を観測する。1999年、[[コロンビア (オービタ)|コロンビア]]/[[STS-93]]で打ち上げられた。
 
* [[スピッツァー宇宙望遠鏡]] (SST) は宇宙赤外線望遠鏡施設(Space Infrared Telescope Facility :SIRTF)と打ち上げ前に呼ばれていた。赤外線を観測する。2003年、[[デルタロケット#デルタII|デルタIIロケット]]で打ち上げられた。
 
 
;これらの中でコンプトン衛星だけが稼働運用されを終えていないる(2009年11月現在)
:ジャイロスコープの1台が故障したのでNASAは2000年6月4日に軌道を離脱させた。部品は太平洋に散らばった。ハッブルは当初スペースシャトルで回収して再度打ち上げる予定だったが計画は破棄された。2006年10月31日NASAの[[Mike Griffin]]は最終的な修繕任務を推進した。2008年10月8日に打ち上げられるアトランティスの11日間の[[STS-125]]のミッションでバッテリーとジャイロスコープを交換して[[広視野カメラ3]]と[[宇宙起源分光計]]を搭載する予定である。<ref>{{cite web|url=http://www.nasa.gov/home/hqnews/2008/may/HQ_08133_Shuttle_target_dates.html |title=NASA Updates Space Shuttle Target Launch Dates |publisher=NASA |accessdate=2008-05-22}}</ref><ref name="Green Light">{{cite news |url=http://www.msnbc.msn.com/id/15489217/ |title=NASA gives green light to Hubble rescue |first=Alan |last=Boyle |publisher=MSNBC |date=2006-10-31 |accessdate=2007-01-10}}</ref>
:CGROは、ジャイロスコープの1台が故障したのでNASAは2000年6月4日に軌道を離脱させた。燃え尽きなかった一部の部品は太平洋に落下した。
 
;スピッツァーだけが大規模観測計画の中でスペースシャトルで打ち上げられなかった。
:当初、スピッツァーもスペースシャトルで打ち上げる予定だったがチャレンジャー事故の後地球周回軌道を脱出して[[太陽周回軌道]]投入させるため[[液体水素]] / [[液体酸素]]を推進剤とする[[セントール (ロケット)|セントールロケット]]が、チャレンジャー事故後、シャトルで使用できなくなったために、計画が変更された。[[タイタン (ロケット)|タイタン]]と[[アトラス (ロケット)|アトラスロケット]]での打上げ費用の関係でキャンセルされた。その後、衛星本体の再設計・軽量化が行われ、デルタIIロケットで軌道投入さ打ち上げられた。
 
== ギャラリー ==
1,951

回編集