「肝」の版間の差分

編集の要約なし
*「かん」。[[東洋医学]]における[[五臓]]のひとつ。[[肝 (五臓)]]
*「きも」。人間または動物の肝臓。しかし、「心臓」を指すと思われる使い方や、内臓全体を指すこともある。[[和語]](やまとことば)で内臓を指す言葉には、「きも」と「はらわた(わた)」しかない。
肝心
 
*肝心(かんじん)や肝心要(かんじんかなめ)の意。
*上記から肝心と言わず、単に肝といい、物事における重要なことや、主題や主体を引きたてるための要因を喩える言葉としても使われる。例として「この物語の肝は(彼女・トリック)だ」、「この機械の肝は(伸縮機講・遊星歯車)だ」のように使われる。
 
{{aimai}}
匿名利用者