「少国民」の版間の差分

編集の要約なし
'''少国民'''(しょうこくみん)は、[[太平洋日中戦争]](1941年 – 1945年)体制下から[[第二次世界大戦]]までの日本において、[[銃後]]に位置する子どもたちを指した語である。これは、ドイツの[[ヒトラーユーゲント]]で用いられた「Jungvolk」の訳語である{{要出典}}。現在では[[死語]]である。
 
==概要==
 
{{DEFAULTSORT:しようこくみん}}
[[Category:戦時体制下の日本]]
[[Category:日中戦争]]
[[Category:太平洋戦争]]
[[Category:戦前日本の教育]]
匿名利用者