「エフェソス強盗会議」の版間の差分

ギリシア語読みに従って「ディオスコロス」に変更
(ディオコルスについて,当時の位階である「総主教」に変更)
(ギリシア語読みに従って「ディオスコロス」に変更)
'''エフェソス強盗会議'''(エフェソスごうとうかいぎ、エフェソ陰謀公会)とは、[[449年]][[小アジア]]の[[エフェソス]]で行われた[[キリスト教]]の会議である。[[448年]]の[[コンスタンティノポリス]]地方公会で異端とされたエウティケスは教義の撤回を拒み破門されたため、エウティケスの後援者[[アレクサンドリア総主教庁|アレクサンドリア総主教]]エウティケス・ディオスは[[東ローマ皇帝]]の側近を動かし、エフェソスでの公会議を開く許可を得て、エウティケスの教義を正当化し、コンスタンティノポリス総主教フラウィアノスをエフェソスに流刑に処した。強盗会議の名は、当時の[[ローマ教皇]][[レオ1世 (ローマ教皇)|レオ1世]]が皇后プリケイアに送った書簡に初出する。
 
== 外部リンク ==
15

回編集